FC2ブログ
2019年12月7・8日
愛媛県 内子。
我々が慣れ親しんだこの地で【シクロクロス全日本選手権】が開催されました。

愛媛で全日本シクロが開催されると知った時「まじで!?」、「大丈夫なん!?」と感じた人はめちゃくちゃ多いだろう。僕もその1人だ。不安しかなかった。今までずっと本州でやってきた全日本が突然の四国開催。ほんとに全日本なんてやれるんだろうか?

しかし、蓋を開けてみると世界に通ずるレベルと称されるほどのコースに仕上がっており、全国から集まる選手達からも評判は上々。

今回の全日本では土曜日にマスターズクラスのレースが開催されて、日曜日はU15・U17・U23・エリートクラスのレースが開催される。(年齢でカテゴリーがわかれてる)

地元開催ということもあり、両日共に愛媛MTBをはじめとする愛媛ライダーが多くエントリーしてくれていました。大きな大会に地元の選手が出場するってのはとても良いもんです。やはり盛り上がりますよね!!盛り上がればこの先もビッグウェーブが起こる可能性はより高まりますよね!!

地元とはいえこの二日間は【全日本】なんです。こういった場に慣れてないライダーにとって何も判らない状態で参戦するのって凄い緊張するんですよね。周りにはゴリゴリマッチョな速そうな人ばっかりウロウロしてる(ように見える)ので地元なのにアウェイ感。

私はこの土日、愛媛MTBを軸にしたチームテントをテントエリアに構えることにしました。ここに来れば愛媛の誰かは確実に居る、トラブってもここに来れば直る、試走後はここでメンテをして万全の状態にできる、荷物をもってくればここでアップできる、応援部隊もここでわちゃわちゃできる。仲間同士が集える場になれば良いなと思ったりするわけです。

本当は自分もマスターズクラスにエントリーしたかったんですけどね、ここのところ練習できるような状況でもないし、色々申込みもしにくい状況だったので、サポートに専念することに。結果としてサポートに専念しておいて本当に良かったと思えるくらいバタバタした。

AM6:00に現地入り。事前名指し呼び出ししていた鮫さん&東洋フレームのスタッフさんと一緒にテントエリアの場所を確保&設営。クッソ寒いし暗いし。出場するメンバーが来る頃にはテントエリアが仕上がった状態にすることができました。

79509415_2702649089849624_1660197106935136256_o.jpg
そう、八幡浜MTB国際に続いて、全日本シクロクロスでも東洋フレーム様と隣のテントを設営させていただきました!!
もちろん!あの竹之内悠選手もとなりのブースでアップしたりしちゃうんです。なんという誉!

79638837_2606688529448817_5110210921242820608_o.jpg
AM7:00頃になり、試走前に愛媛の選手達がやってきます。ここから僕は愛媛MTBのメカニックとして集中。ミスなく早く。なんと寒くて着込んでいる&長靴がいい仕事をして写真がかなり現場メカニックぽい☆

78279154_2702648976516302_1126479066002620416_n.jpg
試走時間がはじまり、数周して戻ってくる人もチラホラ。転倒してトラブルもボチボチ。さゆりさんのバイクに至っては転倒して左レバーに石と土が咬み込んで操作不能に。焦らず確実に石を取り除き土砂を除去し復旧。再度試走に行ってもらう事ができました。安堵。

78998455_2702649599849573_8986672893068836864_o.jpg
試走時間がおわり、テントは賑わいます。次のレースに備えローラーで足を回す。その周りに仲間が集うので不安もない。これはメカしながら見た写真。ええかんじやな~とね。

78345392_2702649843182882_6034737481071460352_o.jpg
マジで良い感じすぎる!!このアップしている時間と同じ頃。

79121374_1292133370995376_935984510372151296_o.jpg
Photo By 原貴志
コース内では既に第一レースが!!
シングルスピードクラスというネジ飛んでるカテゴリー。ギア一枚しかついてないんだぜ?それでガンガンレースしちゃうってゆークラス。吉元さん&牧野さん。二人ともバチバチやったことのあるレース仲間です☆

78482282_1292132067662173_5799248603234959360_o.jpg
Photo By 原貴志
ちなみにこのフレーム、 Pep cycles という日本発のブランドなんです。
とてもシンプルな作りでシングルスピードにも多段式にもできてしまいます。なんなら両立スタンドやキャリア、カゴもつけれるらしいので超特急な通学自転車にもなりそうです。この辺りの選択肢の多さについてはPep Cyclesのホームージみてもらえるといいですよ。たぶん欲しくなっちゃうかも。ってゆーか俺が欲しい。だって、めちゃくちゃ乗りやすかったんだもの!なんというか操作性に優れていて遊ばせやすいんですよ。とはいってもクイック過ぎるわけでもないですしね。とにかく乗った感じとてもシックリきました。
しかもこのフレームフォークセットの価格が¥75,000+消費税だなんていうから驚き!安くない!? ちょっと欲しくなった人いたら相談してよ。ご一緒しちゃうかもww

79681932_1292165470992166_6132992193771601920_o.jpg
Photo By 原貴志
そんなこんなしてたら、女子マスターズと男子マスターズ50代、60代のレースがスタート。
この道路を封鎖してのレース。ほんと全日本だけの特別ステージですね!!

80107353_2612267035557633_7074147088853893120_o.jpg
Photo By 鮫さん
まっさんの力走!!このキャンバーが難敵でした!!

女子マスターズにはハピガルから3名メンバーが出場。ミユキ、サユリ、クマユカ。
79107468_1292164097658970_97351781725503488_o.jpg
Photo By 原貴志
レース序盤から丁寧に確実に立ち上がりで強く走ったさゆりさんの強さが光りました。

78605820_1292164784325568_6507476568472813568_o.jpg
Photo By 原貴志
苦手ポイントでのミスが多発して出遅れるも確実に後半アゲテきた。後半になるにつれミスも少なくなりトップとのタイム差を詰めながらの走りは流石でしたね♪

78717348_1292160124326034_1386813663926550528_o.jpg
Photo By 原貴志
体痛めてしばらく自転車乗れてなかったクマユカ。よく頑張ったと思います。これから怪我せぬようボチボチあげてえこーぜ。

79839582_1292166497658730_6030306479276294144_o.jpg
Photo By 原貴志
優勝 サユリさん
準優勝 ミユキさん
二人ともおめでとう!!!!
この日のレースの模様がシクロワイアードにも掲載されており、ハピガルめっちゃ写ってます!!

79355169_2608600986053145_5700962240920813568_n.jpg
こうやって女性サイクリストが集えるって本当に嬉しいよね。彼女たちにとって生活の一部となり生きる楽しさの一つとして自転車があるという事が僕にとっては嬉しいかな。女性一人で乗ってても長続きしないってところから女子サイクリンング企画をはじめてきて今に至るので、いろいろジーンときちゃいます。

78636171_2703183056462894_869297966211399680_o.jpg
この日は東洋フレームさんが走り終わったバイクを洗車してくれました!! なんていうサービス!!ありがたや!!

78629461_2703182906462909_5464293372359344128_o.jpg
2019シクロクロス全日本選手権 女子マスターズ チャンピオンと♪

78335889_1292216627653717_2157493550319665152_o.jpg
Photo By 原貴志
なんやかんやしてたら男子マスターズ 35-39/40-49のスタート時間に。
このクラス、スタートから先頭で仕掛けていったのは僕と同年代の選手。流石のぶっこみでした。僕もああいう熱い走りができる体に戻さなくちゃ。

78572582_2608601326053111_5646236334570864640_n.jpg
テントでメカしてレーススタートする頃にはピットでサポート。匠と連携して良いサポートできたと思います☆
マスターズはあまりにもメンバー多いんでちょっとだけ掲載。

78801330_2612384172212586_5385253316844322816_o.jpg
Photo By 鮫さん
流石だったのはマークーのぶっこみ!大集団の全日本という舞台で物怖じせず突っ込んだ走りで上位で1周目を走る。ちなみに後に見えるのはこのレースで2位になった萬谷さんだ。この後2周目途中で大ダレするんだけど、いいよ!!やっぱそういうのが周りを惹きつけるんだよ。

78674959_2612390285545308_5013412687787327488_o.jpg
Photo By 鮫さん
本来の実力は発揮しきれなったね~。Limit Vertex / 外環自転車部の泉クン。
めっちゃ応援してますよ~☆

79030499_1292220117653368_6918918561230487552_o.jpg
Photo By 原貴志
コージ背中で語っとるわい

79025242_2612396622211341_4762270689971404800_o.jpg
Photo By 鮫さん
マスターズ40代で優勝したのは筧五郎さん。皆さんご存知のとおり、強烈なスプリント対決を征しての優勝。おめでとうございます!しかし僕が応援していたのは2位となった萬谷さんだ。彼は現在もXCエリートクラスを走りトップと同一周回完走できる男だ。そしてMTB選手だから後について楽したりしねぇ!というシクロクロスには不向きな男気溢れる兄さんなんです。ガンガン前に出て痺れるほどかっこよかったです!

78607985_1292216637653716_8163386340268834816_o.jpg
Photo By 原貴志
ゴールしてこーやってわちゃわちゃできる感じがいいんです。これがいいんです。

土曜日のレーススケジュールが終わり、日曜日のレースに向けた試走時間がはじまります。しばらくは落ち着いた時間もありましたが、、、あるタイミングからメカは戦場に。
79297644_2574041712710607_2482610711927193600_n.jpg
Photo By コージ ニシオカ
村上3兄弟、渡部春雅(駒澤大学高等学校)、平林つーちゃん、大蔵こころ(城南高校)、女子エリなおちゃん、フィジカルモンスター水崎くん、のメカを担当します。
試走前にホイールの交換やセッティイングの確認。
試走後は村上父が洗車してそれをふき上げて抵抗や詰まりの原因になる汚れを除去し、少しでも抵抗を減らし、泥が絡みにくくする対策を行いながら調整を詰めておきます。

アっという間に時は流れ撤収。片付けもたくさんの人に手伝ってもらい助かりました。ありがとう。

一夜明け日曜日。めちゃくちゃ天気よくガンガンに冷え込む早朝の内子。

78419004_2704727379641795_3047407965142253568_o.jpg
静かな朝。朝は寒いけど日中は暖かくなりそうだ。

78466678_2704727676308432_8497705885919870976_o.jpg
内子町 2013年から始まった小田川シクロクロスがまさか全日本を開催するとは誰も想像していませんでしたね。全てはチャンスと挑戦。 挑戦なくして未来なしだ!!

79376252_2704727822975084_334605800926347264_o.jpg
多くの方の心と胃袋を満たしたBUCYO COFFEE 
きしめん食べたかった(泣)

79000709_2851962321563761_7262306479355461632_n.jpg
Photo By TAGASHIRA
試走時間が始まってすぐぐらいからメカは戦場。分単位で動く状況。そういう時に転倒によるトラブルは発生するもので、駒澤大学高等学校から母と二人で会場している渡部春雅ちゃんのメイン機が転倒により変速トラブル。それほどハンガーが曲がっているわけでもないが変速がまともではない。限られた時間の中で最善ではなく、必ず直さなくてはいけない。このプレッシャーの中での集中できてる感じは気持ちが良い。 無事修正することができ僕はU15/U17のピットへ

78928739_1293256254216421_325248892549464064_o.jpg
Photo By 原貴志
12月8日 ファーストレース U15/U17のレースが始まった。

78824624_1293258394216207_192895219010633728_o.jpg
Photo By 原貴志
この日何度かピットでバイク交換を行なったヒカル。なんだかバイクとの感覚がおかしいと感じバイクチェンジをしていたのだが結局はクリートのネジが緩んでいたのが原因だったようだ。過去に僕も経験したし、意外と多いトラブルなんだよね。やはりレース前に締付確認は必須だな。

79350044_1293258050882908_5575916170768285696_o.jpg
Photo By 原貴志
U17で戦った平林つーちゃん
序盤の転倒がひびきましたが、良い経験ができたね。これからよこれから。

78874550_2614512045333132_5109654778812563456_o.jpg
Photo By 鮫さん
熱いバトルを征してU17で優勝したのは城南高校の大蔵こころさん
SPECIALIZED CRUX 良い仕事してくれたね!!

さて、ヒカルのレースが終わってメカはまた大忙し、次は裕二郎のレースにさっき使ったバイクを洗ってホイール換えてセッティング出してレースに間に合わせないと!「あと何分!?え?8分!?」みたいなやりとりしながら慌しくレーススタートを迎えたジュニアクラス。

79025246_1293283680880345_8309310907872182272_o.jpg
Photo By 原貴志
金曜日までロード強化合宿で体ボロボロ。序盤は抑えて走って後半に勝負するレースを予定してた裕二郎。攻めの姿勢で来る松本選手とのバチバチ勝負が観客をヒートアップさせた!地元愛媛の大声援。そうとう力になったと思います!

79449437_1293287754213271_5005849198839463936_o.jpg
Photo By 原貴志
渡部春雅(駒澤大学高等学校)、最初はパックで走っていたが少しずつ後続と差をつくり安定した走りで勝利を確実なものとした。丁寧なコーナーリングそれでいて立ち上がりでしっかりとスピードに乗せることのできる伸のある子でした。

78475016_1061141070944731_6491966595458400256_n.jpg
ラスト2周くらいから勝負は激しさを増し、お互い譲らない戦い。勝負は最後の最後、ゴールスプリントまでもつれ込んだ。最初リードを許すも最後の最後、ポージングをしたのは裕二郎だった。

78279692_1293288364213210_5565495119819309056_o.jpg
Photo By 原貴志
逃げる間もない勢いでハグしたった!!これが数ヶ月前にUCYにインターンシップで来ていた高校生か。
いいぞいいぞ。全日本での勝利は本人が狙っていた世界への挑戦の切符を手にする最大のチャンスだ。功太郎もこのチャンスを掴み成長をしたのだ。裕二郎もまた色んな可能性を秘めている。なんならトラック競技で成績のでていている裕二郎は更なる高みを狙うのか!?とまで思わせてくれる。

78943540_1293284297546950_1348262033182687232_o.jpg
Photo By 原貴志
とにかくおめでとう。
ええもん魅せてもらいましたよ。

78993511_2614518505332486_1008196431174959104_o.jpg
Photo By 鮫さん
渡部春雅(駒澤大学高等学校) は翌日から韓国へ遠征に行くとのことで先に帰りますとレース後挨拶にきてくれました。
しかもメカサポートのお礼にと…ジュニアクラスの優勝メダルを私にプレゼントしてくれました(嬉)
自分が今まで獲ってきた賞は嬉しいし、メダルも保管してるけど…これはまた違った喜びがありますね。しかも全日本だぜ☆

78378517_1009596072725480_8561037686960291840_n.jpg
Photo By 原貴志
裕二郎もとっつかまえて一緒に写真を撮ってもらいました。
ほんとあんな激しいレースするやつとは思えないほどまだまだ可愛らしい顔しとるな~。
とかしてたら日頃の感謝ですとか良いながらチャンピオンジャージと優勝メダルをプレゼントしてくれました(感激)

80002120_2705874109527122_1017174231378558976_o.jpg
本当に受け取って良いのか迷いましたがご家族もぜひと言ってくれましたので、有り難く受け取りUCYの壁に飾っています。
2019シクロクロス全日本選手権ジュニアクラス男女のチャンピオンジャージ&メダルです(誇)

と、裕二郎のレースが終わった後はこんな余裕はなく、写真はあとから撮ったんですがね。だって次は功太郎のレースが控えてますから、2号機を裕二郎が使ってますので再整備をしっかりと行い、準備をしていきます。

78973769_2614620671988936_2071815713042989056_o.jpg
Photo By 鮫さん
シクロクロス全日本選手権大会U23ディフェンディングチャンピオンの功太郎。
ここにきて痛恨のスタートミスで超出遅れ!!これにより先頭はグングン前へ。コーナーの連続、キャンバーなど抜きどころが少なく平坦はパワー重視なコースという事で功太郎もなかなk前出れない。テクニカルなポイントでは前が詰まって更に先頭との差が開くという超悪循環。

77386101_1293324657542914_5458413497706610688_o.jpg
Photo By 原貴志
ピットでは接触によるトラブルが無いことをだけを祈りながら待機。もうそれ以外は本人の勝負だからね。

78838558_1293326794209367_30737015058202624_o.jpg
Photo By 原貴志
かなり埋もれた状態から前へ抜け出す。かなり足を使ってしまい苦しそうな走りだった。それでも折れず前へ前へ。きっちり二位という位置まで戻ってくるのは流石だなと。

78711073_1293326677542712_8983033333487239168_o.jpg
Photo By 原貴志
強さを見せたのは弱虫ペダルの織田選手だった。ほんと大当たりの日だ。超強い!!!!

78502590_1293320327543347_8375106306448556032_o.jpg
Photo By 原貴志
ゴールした後。。。やっぱ負けず嫌いやな~と思える会話だった(笑)

78994664_1293324467542933_9109951369430695936_o.jpg
Photo By 原貴志
功太郎、準優勝おめでとう。

シクロクロス全日本選手権 女子エリート
愛媛県から初めての挑戦をするのがナオちゃん。

79160744_2614696518648018_2770932377608781824_o.jpg
Photo By 鮫さん
この挑戦を僕はすごい素敵なことだなと思う。色んな選手が居て、本人が競って感じることもあれば、サポートする周囲がレースを見て感じることもある。それを擦り合わせて次へのステップへとつなげることで大きな成長があるんだと思います。

79024132_1293366960872017_1116812503368597504_o.jpg
Photo By 原貴志
ナオちゃん応援してますよ!!!!

シクロクロス全日本選手権 男子エリート
愛媛県からフィジカルモンスター水崎が出場。

79014436_2614837711967232_4960611888858660864_o.jpg
Photo By 鮫さん
愛媛県の皆さんはエリートクラスのとんでもない走りに大熱狂!!やっぱこのレベルで戦う選手はかっこええよな。

79143542_1294304654111581_5566132591750283264_o.jpg
Photo By 原貴志
その中でも東洋フレーム竹之内悠選手のかっこよさはずば抜けてるわ。走りのスタイルがかっこええ!!
しかも彼のレースレポートでは原さんの写真がかなり使用されている♪

79007002_2614839538633716_3980292870631325696_o.jpg
Photo By 鮫さん
フィジカルモンスター水崎は愛媛の大声援の中で走っていました。僕的にはもっと前で展開してくれるかな~と期待していたんですがね。まぁ乗り慣れた頃には手が付けられないくらい強くなっていることでしょう!!

そんなこんなで僕の2019シクロクロス全日本選手権は終了。

今までとは違う。自分がレースしないレースサポート。色々やれた、細かいところまで見れた。僕もまだまだ走りたいのでレース出るけど、こういった舞台でみんなの役にたつことができて本当によかったなと思う。

mizusakiKIMG1740.jpg
たくさんの人が集う場ができて良い笑顔があった。

次はシゲクロだ。

個人のエントリーで182名ですよ。耐久のみにエントリーしてる人合せたら220名ですよ。のべ人数にしたら320名超ですからね!!とんでもないですよ。これから最終準備計画していくんだけど…ってゆーか今夜してたんだけど、途中で考えがまとまらなくなってたんで途中まで書いてたブログを仕上げました。

さて、今日は土曜日。はりきって?いくぞー!

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ryokely.blog60.fc2.com/tb.php/4885-128e7465