FC2ブログ
展示会から1日半が経過。移動中に爆睡せずにやる事やってれば終わっていたはずなのに〜。

20180831002221e72.jpg
ここ最近GIANTの展示会は横浜の大さん橋ホールで行われており、吸い込まれるように入場していきます。

20180831003015df2.jpg
愛媛でGIANTといえばTEAM GIANTライダー門田 基志選手ですよね。
なんと愛媛の門田選手がどでかくバナーに!!彼のレース活動や自転車普及活動やありとあらゆる活動について改めてすげぇなーと思う。また彼が監修している大会で、10月7日に開催される【MSBR -松野四万十バイクレース-】の参加申し込み締め切りが9/9と迫ってきているそうです。愛媛県松野町〜高知県四万十の雄大な山々を走り抜けてみてはどうでしょう?大会ホームページに詳細が掲載されていますのでぜひご覧ください。

展示会の話のはずがそっこー脱線。さて、まずはロード。TCRから

20180831003018c39.jpg
TCR ADVANCED SL1 ¥630,000+TAX
Giant 最上位のレーシングフレームに自社カーボンホイールとアルテグラDi2を搭載したレーシングモデル。
201808310030205bc.jpg
クランクには標準で自社開発のパワメーター[power pro]が装備されます。
こmpのクランク一体型デュアルタイプのパワーメーターはペダリング出力を左右のクランクで測定して正確なデータを送信します。パワー、ペダルバランス、フォースアングル、ケイデンスなどが測定できます。
Garminやnews trackなどと接続して使用も可能ですし、giant ridelink アプリでバッテリー残量や詳しい情報を閲覧することができます。

こんなパワーメーターが標準装備!?昨年の同レベルモデルと比べると三万円ほどのプラスになっています。3万円でパワメ?めちゃくちゃお得じゃないか!

このパワーメーターはあるてぐらDi2が装備されてる車体にセットになるよすです。だからduraもでるとかにはつかないし後売りもないのですでに使用してるクランクとか装備されてないモデルのクランクにとりつけることはできません。

20180831003023824.jpg
TCR ADVANCED SL 2 ¥430,000+TAX
SlフレームにR8000アルテグラをメインコンポにしカーボンホイールを装備した⒍8Kgの超軽量バイク

20180831003023c7a.jpg
TCR advanced pro 1 ¥410,000+Tax
Proフレームにアルテグラ油圧discを装備したモデル

20180831015510cc6.jpg
Tcr advanced pro1 ¥350,000+tax
プロフレームにワイヤ式アルテグラにカーボンホイール履かせたバリバリ仕様で⒎1kg これで35万円…めっちゃ安いよな。さすがgiant って感じです。買ってそのまま実戦投入して勝負できる完成車

20180831015512467.jpg
2019年モデルで一番ビックリしたやつ
TCR advanced 1se ¥280,000+tax

201808310155159fb.jpg
28万円のカーボンフレームでアルテグラ組みってだけでもすごいのに…まさかのパワーメーターつき!!
Giantとしてもこのモデルはパワーメーターを普及させるための特別な位置づけなようです。
201808310155169dd.jpg
それでいてこの色合い。かっこよすぎるやろ!!

20180831015518a43.jpg
Tcr advanced 1 kom
Seモデルと違うのはパワメがつくかつかないか。その金額差はたったの25、000円。
どー考えても買うならコレじゃなくてSE買うよね。

20180831022008a8a.jpg
Tcr advanced 2 ¥200,000+tax
カーボンフレームにシマノ105を装備したモデル。これも他社では考えられないような価格設定。ホイールもタイヤもチューブレス対応していてなんでこんな安いのかよくわからん。

201808310228363bd.jpg
PROPEL ADVANCED PRO DISC ¥630,000+tax
昨年モデルチェンジして人気爆発のプロペル かかくが昨年に比べて3万円アップしていますが、例のあれが装着されているからっすよ。
20180831022837fb5.jpg
Giantのパワーメーターですね。
このパワーメーターを装着したモデルのリリースは多分10月とか11月とかになります。

20180831022840e22.jpg
PROPEL ADVANCED PRO1 ¥400,000+tax
2019年はリムブレーキモデルもdisc仕様と同じ新フレームに変わりました!!
すごいですね。ここにきてリムブレーキフレームまでモデルチェンジさせて発売するとは。

20180831022841c40.jpg
ブレーキワイヤーの取り回しもそんなにキツくなさそうなのでブレーキタッチも悪くないと思います。

20180831024508e75.jpg
アルミホイールをそう装着した2モデル
赤色 PROPEL advanced 1 ¥260,000+tax アルテグラ仕様
青色 PROPEL advanced 2 ¥220,000+tax 105仕様
トライアスロンとか登りより平坦や下りだぜ!って人にはやっぱプロペルっすよね。
登りもけっこー走るんでアップダウンの多い愛媛のトライアスロンには向いてる。

20180831025051c5c.jpg
フルモデルチェンジしたディファイと言われているがそんなめちゃくちゃ変わってない気がするのは俺だけか?
DEFY advanced pro 0 ¥600,000+tax

201808310250538d3.jpg
フレームは32cのタイヤまで装着できるようになっていて完成車では28cを装着している
ワイドカーボンホイールとチューブレス化して合わせることで高い快適性を得られるでしょう。

20180831025054e43.jpg
すべてのケーブル類はステム、フレーム内を通る設計になっておりクリーンな外観と空力的にプラス!

201808310250565fa.jpg
D-FUSEシートピラーで採用されたD型断面のハンドルバーによって下方向へしなり、快適性を格段に向上させてくれる。

このモデルもパワーメーターついてます。電動アルテdiscでこの価格ってのはちょっとおかしいんじゃないか。ってくらいすごい価格。

20180831030451d23.jpg
DEFY advanced pro1 ¥450,000+tax
ワイヤーシフトアルテグラを採用したモデルカーボンディスクホイール装備することで高い走行性能をあわせもつ。

20180831030453c62.jpg
フレームの挿し色が逆光で見えにくい。

20180831030455a75.jpg
DEFY advanced 2 ¥240,000+tax
105仕様のカーボンフレームdefy、ブレーキキャリパーはgiantのコンダクトSL
しっかりとした走行性能を持ちつつも快適なロングライドを楽しめる一台です。

20180831031731262.jpg
バリバリレーシングスペックのアンセム
Anthem advanced pro 29er 1 ¥550,000+tax
ブーストカーボンホイールを採用し、SRAM GX イーグルを組み合わせたモデル。

20180831031734e31.jpg
Anthem 29er2 ¥320,000+tax
アルミフレームアンセムでコンポはSRAM NXイーグルを採用して走りの幅をしっかりと広げたきたモデル。

20180831031736094.jpg
ANTHEM 2 ¥250,000+tax
アルミフレームの2⒎5モデル Fフォーク130mm Rサス110mmのロングトラベル
懐深くガンガン遊べるけどけっこー登れる良いバイク。
個人的には数年前のカーボンモデルが最高。

20180831031739ce9.jpg
XTC advanced 29er ¥450,000+tax
カーボンホイールはいてSRAM GX イーグル使って rockshox sidフォークまではいっての価格。超ハイスペックですよ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ryokely.blog60.fc2.com/tb.php/4723-0accb4a0