FC2ブログ
MTB
8月26日 西日本初開催(たぶん)となるオフロードトライスロンin菖蒲谷に出場してきました。

その名のとおりトライアスロンのオフロード版。スイム→MTB→トレランの三種競技です。

今大会は兵庫県龍野市菖蒲谷が会場となり、龍野MTBの小野さんがコースセッティング、そして世界を知る男、小笠原崇裕選手が大会及びコースの監修を行っている大会。

はっきり言うとゆる~いコース設定ではなかったです。で・す・が!!MTBではオーバースピードにならないような配慮がされていたり、テクニカルな部分にも抜きどころがきちんと考えられていたり、トレランに関してはチャレンジングな部分もあるが危険度は少なくルート設定がされており、本当によくできたコース設定だなと大会を振り返って思います。

土曜日は仕事がみっちり入っていたので前日試走はできず、18時過ぎに店を早退させてもらい積み込みをして出発。22時過ぎに龍野市入りして5時まで爆睡。この1週間4時間睡眠が続いていたので久しぶりの長め睡眠で幸せを感じた。

39948231_1869082919872916_4713967597974978560_n.jpg
当日会場入りをしてコースマップと周回数をチェック。

池スイム1200m→TR1までトレラン→MTB4km×3LAP→TR2→トレラン4km×2LAP

周回数は想像していた通り。

40110893_1869082883206253_8725793504313212928_n.jpg
現地で前日入りしていた開君に出会う。彼は愛媛のトライスリート界を代表する猛者であり、僕が憧れる最強系男子。
以前からMTBにも乗っていたが、オフトラ初出場ということでここ最近猛練習をしてメキメキと力をつけている。
スイムで開いた差をバイクで埋めれるかどうかが今日の勝負が決まると言っても過言ではないだろう。
彼からコースの情報を聞き、試走時間でのトレラン試走は体力的にも時間的にも止めておいた方が良いことを悟った。

40075825_1869082813206260_104061143412113408_n.jpg
とりあえずMTBコースの試走を一周だけしておく。序盤はCJレースでも使われているコースでしたが後半は初見とルート。ギリギリのラインでテールスライドさせなががら遊べる感じで超楽しい♪なんとなくは頭に入った。
今回使用するバイクはCJレースに使用するのとちょっと違う。

フレーム SPECIALIZED S-WORKS EPIC HT29
コンポ SHIMAO XTR フロント32T リア11-40T
タイヤ SPECIALIZED FARST TRACK 29×2.3 エア圧1.4BAR
リアホイール MAVIC CROSSMAX PRO CARBON

フロントフォーク 村上功太郎のROCKSHOX SID 15×100mm
フロントホイール EASTON EA90 15×100mm

まぁクセある状態だけど、何回かこの仕様で練習をしたので大丈夫。

40108421_924892714376202_1082968504673501184_n.jpg
今回はシューズを忘れませんでした。MTBシューズはS-WORKS XC。 トレランシューズはアルトラ。純正のインソールを使用。

40178241_1498371136975248_7436765173290893312_n.jpg
ボトルにグリコCCDをいれて二本をバイクにセット。一本はランに入るときに使うやつ。もう一本はBCAAを溶かし込んでスイムスタートまでチビチビと飲み続けるやつ。の計4本体勢。
補給GELはPOWERGELとMAGONをバイクで飲む。BCAAとCCDワンセコンドはTRで飲む。ランでもMAGONを1個飲む。

40122591_2129156337298695_1555550860128288768_n.jpg
これをバイクラックにセットして準備完了。クーラー用意して冷え冷え状態にしてるのとか俺くらいか?でもやっぱ快適な飲み物は気分をアゲルからな。自分的には必須やで。

40075295_293331591448973_3890319666626691072_n.jpg
定刻にブリーフィングが始まる。コースの内容やルール、注意点などが説明される。
とても分かりやすくて初めてのオフロードトライアスロンでも安心して挑むことができた。
それにしてもオガ様がカッコヨスギル。

↓ここからの写真は開幸子さんにもらった写真です。

40145526_2280925505268454_2420052434496782336_n.jpg
ブリーフィング後、スイム会場へ愛媛3人で写真とってもらいました。
左から僕、開選手、コーヘイ選手
ちなみにコーヘイ選手は開君の後輩?で愛南トライアスロンでは僕より圧倒的に速い人です。
池の水はぜーんぜん臭くなくて普通。これには驚きました。なんの問題もございません!!
ちょっと視界が悪いくらいかな。1m先が見えないくらい。それはヘッドアップすりゃー良いのでこれも問題ございません。
龍野市長の熱い挨拶を経ていざオフロードトライアスロンがスタート!!

600mを2周なのですが。。。100mも泳がないうちに周りの集団が離れた位置に。 半周くらい泳いでしんどい!!きつい!!なんでだ!?と自問自答。スタートの勢いのまま泳いでた。そりゃぁしんどいわ。元々練習もしてないのにそんなバタバタしたって速く泳げるわけないししんどいだけよ。気分切り替えてできるでけゆったりと手を伸ばして泳ぐ事に専念。
2周目に入る頃にはだいぶんと楽に♪
もちろん速いわけではない。それでも完泳できるのならOKだ!!

スイム31分07秒 (1,200m)

いつもと変わらず。 逆にスイム練してないわりにはまともに泳げたほうじゃないか?

さて、そこからTR1まではトレランが始まる。700mの距離とはいえ下り基調のダブトラ全開走行からのトレイルINはかなり心臓に負担がかかった。TR1では息を整えつつ落ち着いて準備を済ましてMTBスタート。

40092815_295274717932027_7920920275175079936_n.jpg
とにかく何位に位置づけているかもわからない。わかっているのは1位の選手との差がスイムだけで11分も差があるということ(汗)
ひたすら抜きまくる。狭いシングルトラックで前走者を抜くには前持った声かけと空けてくれた隙間ラインからミスらずに抜くという技術が重要。いったい何人の選手を抜いたのかは憶えきれていない。
長い舗装路登り区間があるのが苦痛だった。ここではパワーがあれば技術は関係ないからだ。しかも1周目にここでロックアウトしたレバーを解除するのを忘れて2周目に突入してしまい、2周目後半の舗装路区間でロックしっぱなしという事に気づく。
まじか。それでこんな腕しんどいんか。おかしぃと思いよったんよねー(笑)

だいぶん追い上げていたようで総合4位でバイクをフィニッシュ。
バイクタイムは1時間05分23秒(フルクラスで2位のタイム)ちなみに1位のタイムは2秒差で総合5位につけたCJエリートで戦う佐復選手。

40096956_2163698120538791_4617459365006278656_n.jpg
ぶっつけ本番トレランがスタート。
コースにはオレンジのテープが要所要所にブラ下げてあり、それを目印に走る。コースロストしたら選手の自己責任。下を向いて走っているとコースロストしちゃうってことでかなり集中して走る。。。というか歩くに近い。マジデ想像を超えるしんどさ。八幡浜の南コースを走ってると思うといいかな?それにプラスして「ええ!?ここ登るの?」ていう位置にテープがあって岩とか木の幹を持って登るみたいな(笑)むちゃくちゃしんどいのに楽しくってたまらない。
谷上山のアスレチックを数倍ハードにしてそこを競ってる感じだ。
しかも何が最高って下り区間がブワァーって走るだけじゃなくて木々の間や道無き道を木を伝い降りるようなレイアウトでもぅワクワク感半端ない!!!!
池の中とかも走らされて、途中沼っぽい場所に足とか埋まって全身池に浸かっちゃうし。キッツいのに笑ってる。
1周目で総合3位に浮上。2周目に入るとこの先に何があるとか憶えてるので走りやすくなったのだが、何せ登りで足が前に進まない。これには驚いた。自分の足じゃないみたいにガクガクするし腰や尻筋が悲鳴をあげる。そのタイミングでバイクパートでパスしていたSPECIALIZEDアンバサダーであるクレイジーケイジ(松葉選手)が僕の倍速?くらいで登り坂を駆け抜けていく。その走り方をみて目から鱗!!感心するも心折れる。がしばらくして気合で追走。走り方とかを真似てみる。再度見える位置までくるも…背筋が…尻筋が…太ももが…キツさに屈してしまった。
トレランタイムは1時間19分29秒(一応フルクラスでは3位のタイム)

40096950_240975416561400_2423484804856020992_n.jpg
すごーく悔しい総合4位。とはいえ2時間55分59秒限界ギリギリで走りきった達成感は言葉では言い表せないもの。

40091589_293290478119232_3932121037130432512_n.jpg
ゴール直後1,2,3,4位が検討を称え合う。
ちょうど左から1~4位と並んでいる。
総合チャンピオンは愛媛のえにしんごーず開選手だ。タイムは2:46:43 と恐ろしく速い!!!!!!日頃のトレーンングもそうだが登山やランの練習も私の数十倍レベル。やはり憧れの男は輝いていた。
総合2位は地元兵庫県のワイダ選手。2:54:00 バイクとランで私の方が速く走るもスイムの差を埋める事ができなかった。
総合3位はSPECIALIZEDアンバサダー松葉選手。 2:54:10 バイクで抜いて3分以上の差をつけるもトレランでひっくり返されてしまった。たくさんの勉強をさせてもらいました。大感謝です。
結果からみると2~4位はかなり近いタイムでのフィニッシュになっていたんだなと。
すげー悔しいけど3人に完敗です!!総合表彰おめでとうございます!!
今回の結果はスイムとトレランの練習をする良い理由になりました。メラメラ燃えております。

40281896_290969015022357_7759759684751327232_n.jpg
実はゴールしてしばらくすごーく凹んでしまっていた僕。どろどろになった体を洗いそそくさと着替え、総合表彰を逃して意気消沈。すると同じCJエリートを走る佐復選手が完走証をもらえることを教えてくれて、その時に年代別表彰もあるよと。

なんですとー!!!!年代別表彰があるだなんて想像もしてなかった!!!!!

40084290_2162496527350624_2355019036133163008_n.jpg
本当、表彰もあってうれしい。ベリーベリー凹んでましたけど、だいぶん救われました。チームウェアは上記理由で着替えちゃってたのでTシャツ姿ごめんなさい。WAKOSの日焼け止めが景品だったので妻へのプレゼントになりました♪

40087349_1869473329833875_5737277722711818240_n.jpg
表彰後、小笠原選手と記念撮影♪いやーやっぱカッコエエ!!
今後もオフロードトライアスロンは開催されるそうです。菖蒲谷もそうだけど、それ以外の地域でも計画中だそうです。
来年は愛媛からももっと参加者を増やしましょう!!これだけトライアスロンが盛んな県ですもの。選手の宝庫よね♪僕でよければいくらでもレクチャーしますから!!!!

龍野マウンテンバイク協会の小野さんをはじめとする実行委員会のみなさま、ソニックレーシングの皆様、応援してくれ岸本君、スエミオ、うららなどなど地元MTBライダーズ、そして小笠原選手、ありがとうございました!!

40092278_1980166122280875_4378123373293600768_n.jpg
最後に怜子さんへお土産を買って帰りました。帰路は疲労で5回もSAやPAで停車。久々に心身の限界を感じました(笑)

40069321_914849225378209_4491937335167942656_n.jpg
帰って汚物を洗うと私のトレランシューズはこんな感じになってました。。。なかなか過酷なコースですね♪
もっとフィットしたシューズとかなから石の進入とかは防げるのかな?あんま関係ないか??

足の裏から首まで筋肉痛の上野 亮からのレポートでした。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ryokely.blog60.fc2.com/tb.php/4718-bba751c6