FC2ブログ
この度の西日本豪雨にて被災された皆様にはお見舞い申し上げるとともに、お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたします。

西日本豪雨。まさか愛媛県でもこんな事になるとは想像もしていませんでした。

例年広島や九州で災害が発生し、正直なところ「他人事」でした。大変だとか辛いだろうなとか言うけど別にアクションを起こすわけでもなくって感じです。

7月7日(土)の時点では松山に済む私にとってはまだそんな感じ。「南予の方大変っぽいな~」くらいですよ。

翌日のMAVIC試乗会の準備してた僕は夕方くらいに怜子から「ちょっとテレビ見たら!?」と言われ、しぶしぶニュースを見る。内心は四国に渡る橋が通行止めでMAVICスタッフが愛媛入りできず、試乗会の準備をしっかり俺がせんとヤバいんよ!!でした。

しかしニュースを観て衝撃を受ける。本当に試乗会してていいのか?という状況でした。
大洲が西予が松野が宇和島が今治が。おそらく四万十にも影響でてるだろう。自分が自転車で走った事のある地域が川になってる。
だが、私が住んでいる場において雨の被害はさほどなく、お客様からやるんですか?と問合せもあるし8日のMAVIC試乗会は予定通り開催。

36738215_1728796717210382_120584449535508480_n.jpg
試乗した上で購入を考えていたお客様もいたのでしっかりと試乗してもらい、愛媛県では数少ないチャンスで試乗してもらいました。数件のご成約もいただき無事終了。ありがとうございました。

家に帰ってTVを見て、SNSを見て、被災地域の状況を知る。ちょっと洒落にならんレベルだ。。。

ひとまず情報収集。道路の状況。素人の私が行っていいのかどうか?

災害ボランティアというものに縁のなかった生活。仕組みを理解した。

まだ受け入れ体勢が整っていないとのこと。その時は分からなかったが受け入れ体勢というのは被害状況の把握、被災者が手伝いを求めている内容の聞き取り、依頼のまとめ、人員の運搬準備、なにより導線の確保。

それができないと災害ボランティアセンターでの受け入れはできない。

日・月では人命救助、導線の確保が主になっていたように思う。

我々素人が車を走らせても邪魔。すぐさま駆けつけたい!というのは家族だけで十分だ。物資を届けたい。これも人をまとめれる能力がある人が集めれるのであれば良い。ただ、僕みたいな者が出る幕ではない。

月、火曜日は仕事に徹した。当然予約作業も納品もあったのでしっかりと満足してもらえる仕事をした。

水曜日、本当はMAVICの2019製品展示発表会だった。試乗会に来てもらった担当営業さんには個別に製品説明してもらう事をお願いし、僕は火曜午後から受付の始まった大洲の災害ボランティアセンターへ向かった。
渋滞、少しでも駐車スペースの余分をと考え原付で行った。スコップ2本の固定方法は完璧だった☆

2018KIMG3895.jpg
大洲の市街地は想像よりひどい状態だった。多くのお店が被災。ユニクロ、ニトリ、オズメッセ、ココイチ、マクド、コンビニ、大介うどん、かめや、ダイキ、パチンコ屋、エロビデオ屋。どれもこれもガッツリ川に浸かった50~100cmくらいの位置に水跡が残ってる。
街中は砂埃が舞い、外に搬出された家財道具や仕事道具、処分待ちの商品達から独特な臭いがただよっている。

2018KIMG3886.jpg
開催中止の決定した大洲ジュニアトライアスロンの会場にも立ち寄った。ラン、バイクコースには土砂が。スイムコースは川底がエグれ未だ茶色い泥水だ。

愛媛県松山市に済む自分にとってテレビでしか見たことの無い光景がそこに広がっていた。

なんだろうな?この感じはその場じゃないと分かりにくいかと思う。「なんかせんと!」てなるよ。きっと。

2018KIMG3900.jpg
大洲市の災害ボランティアセンターが立ち上げられた(大洲市総合福祉センター)に到着。ここで受付をする。
愛媛県では各市で社会福祉協議会に災害ボランティアセンターが作られます。
・大洲市社会福祉協議会 http://www.ozushakyo.jp/index.php
・宇和島市社会福祉協議会 http://www.uwajima-shakyo.or.jp/
・西予市社会福祉協議会 http://seiyo-syakyo.jp/
・今治市社会福祉協議会 http://www.imabari-shakyo.jp/
・松山市社会福祉協議会 http://www.matsuyama-wel.jp/
上記地域でボランティア登録をして(現地にて)お手伝いをします。
センターによって市内在住者のみを募集している場合と市外からでも募集しているところと分かれます。
必ず調べて確認する事!!確認せずに行って現地スタッフに手間をかけない事が重要です。

現地に到着して感じたことは、センターを統括する側も経験した事の無いレベルでの災害。全てが手探りのような感じです。
特に大洲、西予、は中心部がやられているので混沌としています。

受付や段取りが上手くいかなくてもボランティアで来たものはジっと待つべきです。
現地スタッフを急かして責めて追い込むくらいなら行かない方がいいですよ。

大切なのはセンターでまとめている方々も被災者だという事です。自分家もあるだろうが地域のために動いてます。

受付に行くと必要事項を記入します。その際、ボランティア保険に加入しているかどうか?という問いがあります。加入していなければその旨書いてください。加入させてくれます。費用はセンターによって異なりますが、無料もしくは350円だったと思います。大洲は無料でした。たぶん国から災害なんちゃら法が適用された地域に限定されるんじゃないやろか?
ボランティア保険は通常翌日から適用ですが、今回は大規模災害なので当日から適用されます。ご安心を。

受付をするとボランティアの心得みたいなのを説明しているので聞いてください。

その後振り分け。大洲では統括する側が
「男4名女2名行ける人挙手を~」みたいな感じで言うてました。地域によって異なるかもしれませんが、積極的にどうぞ。
人が集まるとそこでボラ経験者の人で統括できそうな人をリーダーに話が進みます。
センターにはボランティア要請が来た家庭の詳細を書いた冊子が用意されておりそれをリーダーが確認します。ぜひ一緒に見てください、それから必要な機材をチョイスして持っていきます。

2018KIMG3898.jpg
たくさんの道具がありますが、自身で持っている道具がある人は持ち込む事をオススメします。3連休は必ず道具が不足します!!道具がないと仕事ができない。必ず自分で用意しておきましょう。

地域によってことなると思いますが、用意ができるとバンに乗り込んで移動。

私は男性7名、女性2名の8名編成。 大洲市菅田町菅田あたりの民家に向かいました。

家の事は詳しくは書きませんが、なかなか壮絶。建物にも人に歴史あり。その歴史全てが水没しゴミとして搬出される様、数日間続く復旧作業で憔悴しきった家主さん、それでも懸命に動き我々を気遣う姿。

動ける奴がどーにかせんと!!!!!!!

車も全て水没。ゴミの回収をする道路までは1輪車で運ぶ。濡れたタンス、衣類の重き事。なにより土壁&畳が厄介だ。

水分補給、エネルギー補給は必須。ポカリ的なやつ4リットルは絶対いるで。おにぎり等の他にもウィダーとかアミノバイタルとかあるといいよ。エネルギー切れる前に摂取はマスト。

全体休憩時間の取り入れは必須40~50分に一度入れるべき。もちろんお昼休みもいるで。ちょっとキツいなと個人的に感じたら個別で休憩しても良い、自分の身は自分で守るべきという説明と理解も必要です。このやり方はうまくいき我が班では倒れた人ゼロです。他の班では倒れた人もいたそうです。

先は長いから頑張りすぎんように頑張らないかんです。

2018KIMG3902.jpg
避難所から通って掃除をしている方々がほとんど。そうとうキツいで。ここに見えてる一階建てはマルっと水没してるよ。

20818KIMG3904.jpg
6時間の激務を終えた頃に搬出したゴミを回収に来た。これをひたすら繰り返すんだなぁ。
すごい量だよ。。。

作業終了後、我々を回収するバスがくるまで4~50分待った。これもまたボランティアやで。きっと運転してる人も被災者なんや。言葉使いに気をつけよう。我々は作業して満足感を経て帰路につく。地元の人たちはこの作業が毎日続くんだ。

休憩時間にコミュニケーションもとった。うちの班には3名も西条の人がいることさらに3名が地元大洲。しかも一人は床下浸水してるっていうじゃないか!敷地とかも大変なんじゃないか?と聞くとウチより大変な地域の方が多いから…と。
すげぇよ。まじですげぇよ。震えたわ。

今まで大規模災害って多くの松山人にとって他人事って感じするよね。今でも松山人にとってはそういう人多いんじゃないかな?テレビで見てうわぁー大変。的な。動ける人がが動かないと。支援物資はけっこーいってるんじゃないかな?

人手はまったく足りてないよ。これは間違いない!!

この三連休はたくさん集まって欲しい!!でも各個人が車で単独移動してたんじゃ道路が渋滞するよ!!!!移動の仕方考えて!!松山から集団移動バスなんかあれば最高やけどないよね?
僕は原付でスコップもって移動したよ。2時間ありゃー行けるって。
ちなみに一緒の班で動いた同志には高知から自転車で自走で来た熱い男がいたぜ。マジでゲキ熱。堅い握手を交わしたよ。

みんな考えて、なにができるか?なにをすべきか?各個人が動くんじゃない。まとまって動くべきだ。それを日本は、愛媛は松山は統括すべきだ!カジノ法案とか言ってる場合じゃねーよクソ野郎!愛媛だけじゃない西日本豪雨災害を受けてるすべての地域のために体を張りやがれ!!!

ちょい熱ですみません。
私はこうして大洲に行きましたが、うちの怜子と翔は松山の災害ボランティアに行ってました。
今治だってあるんです。仕事は山のようにあります。

時間に制約があればやれる範囲でいいんです。少しでも人手があれば助かるよ。

それと毎月第3日曜日にやる八幡浜のY-CUP。僕はいけないかもしれません。というのも日曜店不在する分を金曜に充てて災害ボランティアに行こうかと。人手は足りてないもの。あれ見たら放ってはおけんて。

だからY-CUPは誰か行った人が取りまとめてやってください。

よろしくちゃん!!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ryokely.blog60.fc2.com/tb.php/4706-a3bba76c