MTB
7月に入りSPECIALIZEDは2019年モデルを正式に発表。我々も持っている情報を公に出せるようになりましたので車種別に載せておきますね。(2018.07.02時点)

それではMTB部門。やはりEPICからいきましょうか。
90319-01_EPIC_SW-CARBON-SRAM-29_CARB-RKTRED_HERO.jpg
2019 MEN'S S-WORKS EPIC  ¥960,000+TAX
Gloss Carbon/Rocket Red
国内ではSPECIALIZED RACING TEAMの平林安里選手が! 別チームでも現日本チャンピオンである山本幸平選手も使用するEPIC!!クップドジャパンのシリーズ戦でもこのEPICを多くの選手が使用しています。
最速を求める者達が選ぶベストバイと言えるレースバイクです。
現在SとMはメーカー在庫あり。すぐにご用意可能です!!

2019epicfr1.jpg
S-WORKS EPIC FRAMESET ¥420,000+TAX
フォークなしのフレームのみ販売が2019から始まりました。 今29ハードテイルに乗っている方でもフォークやコンポを総移植して組み上げる事が可能になっています。
GLOSS OIL SLICK/MINT と SATIN GLOSS CARBON/SUNSET/ACID KIWIの二色。メーカー在庫はまだありません。輸入量も少なめですからぜひ予約を!

2018epicffor.jpg
S-WORKS EPIC MEN CARBON 29 FRAME FORK SET
GLOSS SATIN CHARCOAL TINT CARBON / BLACK Mサイズ1台
SATIN GLOSS ROCKET RED / BLACK Lサイズ1台
標準価格¥550,000+TAXですが、上記メーカー在庫に限り
¥450,000+TAXでご用意可能です!!

ROCKSHOXのBRAINフォークがついてこのお値段ならかなりお買得!!
他ブースト規格ホイールやコンポなどのお見積りも可能ですし、組み換えなどの見積りも無料で行いますのでまずはご相談ください!!

90318-33_EPIC-MEN-EXPERT-CARBON-EVO-29-ESTSRS-TARBLK_HERO.jpg
EPIC EXPERT CARBON EVO 29   ¥570,000+TAX
Gloss East Sierras/Tarmac Black
Epic Expert EVOには120mmトラベルのフォークが採用されています。さらにヘッドアングルを1度寝かせ、68.5度とすることでフロントエンドの安定感を高めています。従来のEPICに比べ少し下り優先にした仕様。登りはガンガンいけて下り更に重視!!
さらに、オフセットのないドロッパーポストを採用、下りでの操作性を高めつつ、急な登りでもサドルがBBのほぼ真上にくることで、トラクションを確保しやすい設計です。この辺りのパーツチョイスは製品開発する人たちが常日頃からガンガン山を走ってるからですね♪さすがって感じ♪
そして、グリップ力に優れた2.3インチのGround Controlをフロントに、サイドウォールをGRID プロテクションで強化し剛性を高めたFast Trakをリアに履かせ、より太く丈夫なタイヤを採用。なにからなにまで通常のEPICとは違うのがEVO仕様。

90319-31_EPIC_EXPERT-CARBON-29_STRMGRY-RKTRED_HERO.jpg
EPIC EXPERT CARBON 29  ¥560,000+TAX
こちらはS-WORKSと同じスタイルのEPICです。よりレーシング向きに。速さと軽さに重点をおいたモデルです。
僕みたいなガンガン野郎はこっちですねー☆

90319-55_EPIC_COMP-EVO-29_CSTBTLSHP-MJV_HERO.jpg
EPIC COMP ALLOY EVO 29  ¥.370,000+TAX
アルミフレームのEPIC 頑丈でいて極限まで軽量に仕上げたダブルサスペンションMTBは扱いやすく山の中でガンガン走れます。
Epic EVOには120mmトラベルのフォークが採用されています。さらにヘッドアングルを1度寝かせ、68.5度とすることでフロントエンドの安定感を高めています。従来のEPICに比べ少し下り優先にした仕様。登りはガンガンいけて下り更に重視!!
さらに、オフセットのないドロッパーポストを採用、下りでの操作性を高めつつ、急な登りでもサドルがBBのほぼ真上にくることで、トラクションを確保しやすい設計です。この辺りのパーツチョイスは製品開発する人たちが常日頃からガンガン山を走ってるからですね♪さすがって感じ♪
そして、グリップ力に優れた2.3インチのGround Controlをフロントに、サイドウォールをGRID プロテクションで強化し剛性を高めたFast Trakをリアに履かせ、より太く丈夫なタイヤを採用。なにからなにまで通常のEPICとは違うのがEVO仕様。

今紹介したEPIC完成車はS-WORKS以外メーカー在庫がまだできておりません、人気車種なので予約をしておく方が確実です。特にSサイズは輸入量に対して需要が高いので完売しやすいです~。

我々は数々のレースやバットコンディション、険しい山々やトレイルを経験し、多くのトラブルを見て処置をしてきました。その経験を元に仕上げる整備に自信を持っておりますし、ライダーに合わせたセッティングを心掛けています。
組み立て、整備はぜひ!当店にお任せください!!

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ryokely.blog60.fc2.com/tb.php/4694-40fd252a