MTB
2018八幡浜国際マウンテンバイクレース から3週間が経ちました。

レース後の精神的ダメージが大き過ぎてレポートを書く気にはなれなかったのですが、先日【愛媛MTB】の懇親会でブログやレポートの話がでて、こんな僕のレポートでも楽しみにしてくれている人が居るんだなぁと思ったので書くことにしました。

Coupe du Japon八幡浜 UC1レース エリートクラス59人出走/39位 

天候は朝から降り続く雨。前日からタイヤチョイスにめちゃくちゃ悩んだ。いつもなら決め撃ちでファーストトラックなのだが…会場でチラホラ用意されているマッドタイヤの『IRCCスティンゴ』を見て悩む。。。スティンゴはぬかるみには強いが根っこや岩では滑る。八幡浜のコースでは根っこや岩が多いのも分かってはいるがコーナーや登坂での食いつきが気になる。グラウンドがグニョグニョになったらスティンゴの方が有利なんじゃないか?

迷いに迷って土曜日の晩CROSSMAX PROにスティンゴを装着した。

フレーム : SPECIALIZED S-WORKS EPIC HT 29
ホイール : MAVIC CROSSMAX PRO 29 BOOST
スペアホイール : MAVIC CROSSMAX PRO CARBON  29 BOOST
タイヤ : IRC スティンゴ 29×2.0
フォーク : FOX RACING SHOX 32ステップキャスト FACTORY 100mm
クランク SPECIALIZED S-WORKS クランクセット
コンポーネント : SHIMANO XTR フロント32T リア11-40T
ペダル : MAVIC TIME型
ハンドル : ONEBYESU
ステム : FOURIES 25度×90mm

32423147_1705237649590778_2843984381129785344_n.jpg
マスターズや女子エリートのレース時間に準備。軽くマッサージをして血流をよくしてからFEEDBACKのローラーでアップ。
昨年末からこの日の為に練習をしてきた事を思い出していた。ロードにもシクロにもほとんど乗らず、毎年冬場に楽しむトレイルライドもほとんど行かず、毎回同じ場所で同じ練習をただひたすら繰り返した。
地元、愛媛八幡浜のエリートクラスで熱い走りをするために。

5月14日 日曜日 14:30 6周回のレースが始まった。

32478043_1677347185716294_1495668446107533312_n.jpg
僕は6列目くらいに居たのだが、スタートは泥しぶきで何も見えないような状況だった。アスファルトに入った瞬間、猛烈にスピードアップ。何人かパスしながらシングルへ突入。あの狭い幅を3列くらいで走行するもんだからやりにくい。当然前が詰まって居るのだが、インからぶっ刺してできるだけ前にでる。いったい何番手くらいを走っているのか良く判らないが、周りの選手を見るかぎりでは有名な方が多くいらっしゃるので悪くない位置のはずだ!

32349913_2340119059548171_6947919125305884672_n.jpg
グラウンドに出る坂で『ありゃ!?』
想像以上にマッドタイヤが地面に刺さらず空転する!ここ一番グリップして欲しいところでの空転。ダメだ!ここは乗っていきたい!!グリップさせる方法を考えないと!
桜坂あとの激坂~コンクリまで区間でも同じ状況に陥る。粘りに粘って足ついてしまう。。。モタつく間に抜かれる。心拍maxだから押しのダッシュもいつもより遅い。これじゃダメだ!やばい!なんでだ!!
そればかり頭を巡りゴジラもグダグダ。視界は狭くなり。周りが見えない状況に陥ってしまう。

僕の一番ダメパターンに入ってしまった。成功者の走りをレース後に動画で観察すると切替が早い。自転車押すところはサッ諦めてサクサク押してすぐ乗る。異次元な方々はゴリンゴリン乗って行くのだが、現実的に手が届きそうなレベルで成功している方々はその切替が早くてスムースなのだ。無駄が無い。

32313627_1677361235714889_3862748033875705856_n.jpg
新設セクションの下りとかでは悪い走りしてなかったと思う。もはやダブルコースの意味を成していないドロップor石畳丸太ではできるだけ石畳丸太をチョイスして観客に近い位置をハイスピードで走りぬけるようにした。
桜坂ではあまり飛ばなかった。それほどまでに体にヤバさを感じていた。いっぱいいっぱいとはまさにこのことよ★

どんどん順位を落としていき3周目だったか?

32474114_883056118569772_5075125981941858304_n.jpg
最後尾スタートのつばっちにガツンと抜かれる!!速度差ハンパなくって心折れる。
なんなん超強ぇやん!!!!

ほんと何してるんだかよくわからんくらいの3周目。グダグダで走ってるんだけど、とりあえず転倒はしてない。すると落車して蠢いている人とか目の前で消えていく人が増えだした。視界は最悪。路面状況も悪いが下りはオモロイ。けど登りが上手く噛み合わなくてイライラがつのる。周りのミスのおかげで少し順位があがって元気でてきた。4周目突入しまーす。

32484614_2340131502880260_5493296178407669760_n.jpg
4周目はガンガン行ける感じした。かなり勢いよく走れていて前を走る選手にも追いついていた。しかし北コース新設セクションちょっと前の巨大水たまりバンクを抜けようとしたら自転車水没して埋まる。しまった…調子のって倒しこみ過ぎたのか。地面に刺さったハンドル抜くのに手間取りながら再スタート。前に追いつくどころか引き離していたはずの後続が追いついてきやがった。
ムカつくんでがんがん攻めて一人抜いて竹林登りへ。アウトサイドいっぱいからフル乗車で登っていく。すると右ペダルにコーステープが引っかかる!!『チギれろやー!!!!』気合で踏み抜くもマッドな路面に後輪は滑り…伸びたテープの反動で後へ弾かれる。。。
『クソがー!!!!』コーステープに敗北した僕はダサい捨てゼリフを吐きながら桜坂へ。。。こんなミスをしなかったら…とかも思うけどそれだけ余裕が無くなっているのも僕の実力なわけで…どうにもこうにも。

32861018_1557654351023027_2758586421101985792_n.jpg
写真はかっこよく撮って貰ってるのですが、走りは。。。

5周目には入らせてもらえず僕のレースは-2LAPで終了した。

写真撮ってくれた鮫さん、原さん、上原さん、sumpu photoさん、ありがとうございました。

今回のは悔しいとかそんな感じじゃなくって自分らしさまで見失ってしまったレースに本当にガックリときた。

選択したタイヤが思っていたより滑るのなら対応策を思いつけよ。経験値あるんだろ?周りは見ろよ。応援してもらってるんだろ?もっと苦しめよ。練習したんだろ?まぁそんな事をウジウジ考え続けて僕のレースマシンはレース後にバラバラに分解されたまままだ組み立てられておりません。

愛媛MTBの懇親会でブログを楽しみにしている話しを聞いて僕が再スタートすのは、まずブログにレポートを書いてバイクを組み直すところからやな!!と力を貰いました。

いやー助かった。

おかげで復活できそうです!

まずは今週末の愛南トライスロン!!僕も出場しますが、INFINITYから『もりっち、かまたく、重松こんにゃく、うらせボーイ』や上野サイクルのお客様もたくさん出場します!

そして7月22日には全日本マウンテンバイク選手権!!

7月末の久万ヒルクライムには出れないけど倫太郎が同日『大洲ジュニアトライスロン』に出場します。

さらに8月には菖蒲谷オフロードトライアスロン!!!!

9月最初に石鎚山ヒルクライム、その翌週に四万十・南予横断2リバービューライド!!

さーゴリゴリいくで!!


CJ-U XCO Yawatahama - Asia Mountain Bike Series, Coupe de Japon from Pigmon Channel on Vimeo.



アジアMTBシリーズ Coupe de Japon XCO八幡浜の動画です。
Thank you for Pigmon channel
Asia Mountain Bike Series CJ-U Yawatahama

Vimeo版
https://vimeo.com/273060033
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ryokely.blog60.fc2.com/tb.php/4677-a065804f