MTB
台風…きてますね。
各地で各種大会やイベントの中止が発表されておりますが。。。CJは気合で開催してね♪

さてさて気がついたらもう10月!私が毎度参戦しているMTBシリーズ戦。

知ってる人は知ってるけど、知らない人にはCJレースって言うてもチンプンカンプンだよね。だからザクっと説明(間違ってるとこもあると思う)

【COUPE DU JAPON】は4月から開催されるシリーズ戦で2017年はCJと冠つくレースは16回と思う。(よくわからんところもある)それに全日本選手権がプラス。

各レースには順位によって選手へポイントが与えられてランキングで争います。

【COUPE DU JAPON】のレースにはレースクラスが主に4種類
全日本選手権 日本一を各年齢枠で競う
CJ-U UCIレースで上位には国際ポイントも付与。CJポイントの割合も多い 2017開催数2回
CJ-1 CJレースで一番種となるレース 2017開催数8回
CJ-2 会場の規模や色々あるのかな?よくわくぁらんがポイントはCJ1の約半分
ポイントテーブルはこちらで見れます


ランキングの対象となるポイントは全レース(16)+全日本×65%=7レースの高得点+全日本のポイントで競います。(2017の場合)

ここまでは…なんとなく分かりましたか?

【カテゴリークラス】

レースの中でもクラスわけをされています。それを超てきとーかつ簡単に書くと。。。
Effect_20171021_085250.jpg
こんな感じなわけですwww

【チャレンジクラス】 このレースに出場するには2つ条件があります。
1.JCF選手登録を行うこと。これは日本自転車競技連盟がまとめるもので昔からあるしロードの人もやってること

2.JCFチーム登録を行うこと。これはMTBだけの登録で意味がわからんやつ。チーム1人とかどうすんねんって感じだけど、要はMTBレースだけの選手登録みたいなもんと考えればいいのかと思う。別に人数まとめたからってそんなお得になるわけじゃないしね。

上記2つをクリアしたら各開催レースにエントリーできるって感じです。
ゆるーいサイクリングとか、とりあえず安いしエントリーしとくかって感じじゃないのでレベルは様々ですが、皆さん真剣ですし、レース日にむけて日々練習してきてますね。年齢は様々です。若いのから50オーバーまで熱いMTBライダー達がいます。

愛媛から参戦したいけどチームとか知り合いは違うチームだし。。。かといって他のチーム名乗るのは色々問題あるし。。。ってひとは個人でチーム名書いて登録すりゃーいいし、チームえひめMTBでもなんでもエエ感じのやつで登録しちゃえば良いと思う

【アドバンスクラス】
このレースに出場するにはシーズン中チャレンジクラスでのCJ1以上のレースで1位・2位を獲るとシーズン中に昇格

チャレンジクラス年間ランキングで15位以内に入っていれば来期から出場可

エリートクラス年間ランキングで指定された順位以下だった選手

(アドバンスクラスでポイントを一度も獲らなかった人はチャレンジに降格だったと思います)

【マスタークラス】
30歳以上でアドバンス以上の選手が選択して出場できる。登録時に選択するのでシーズン中での変更は不可

降格…とかあるのかな?しらん

【エリートクラス】

日本最高峰のクラスです。プロ選手も当然いますし、オリンピアンもいます。

シーズン中アドバンスクラスでのCJ1以上のレースで1位・2位を獲るとシーズン中に昇格

アドバンス年間ランキングで15位以内に入っていれば来期から出場可

マスター年間ランキング10位以内の希望者は来期から出場可

ジュニアクラス上位10人の内年齢対象者

あとは海外などでUCIポイントをもっている人かな?

ちなみに2017年最初の登録者から51位以下の選手がアドバンスクラス降格となります。(昨年までは70位以下)


【ジュニア】
これは村上 功太郎などがでてるクラスね。17・18歳だったと思う。世界選手権なんかはエリート、アンダー、ジュニア、ユースというクラスわけでレースがあります。日本ではエリートと一緒か2分後スタートとかが多いですね。海外と違って若い子の選手層が薄いから

【ユース】
14~16歳。村上 裕二郎が走ってますね。こちらはアドバンスやマスターと一緒に走ったりしますね。

と…まぁこんなややこしいシステムの中でレースをして競っているわけですよ。

とりあえず。。。こんな感じかな?JCFのサイトではきっちり書いてますが~僕が読んでも理解しにくい(笑)



やはり皆さん目指すのはエリートクラスでレースを戦う事。

観客数も多いですし、熱気や緊張感は他のクラスでは味わえない世界です。そのクラスで走る快感っていうのは病みつきになると。でも、ずーっとエリートで戦うのって半端なく大変。だって年間ランキングで争い続けるって事ですから、かなりレース数を毎年でなきゃいけないんです。
僕より速い人達がゴロゴロいますからね。

それに実力足らずだと悲惨な目に合う。80%ルールというのがあってファーストラップのTOPタイム80%以上のタイム差が開いたらレース終了です。

ですから7周回のレースで2周とか3周、4周しか走らせてもらえないとい可能性もあります。2周なんてチャレンジクラスと同じ周回です。半端なく凹みますし惨めです。過去に僕は経験してます★

なので僕は2009年にエリートクラスに昇格してから1年ごとに降格したり昇格したりの繰り返し。エリートでは後ろの方だけど、アドバンスなら余裕で上位を走るという感じです。

20171012143012aa8222.jpg

ですが2017年はいままでと違う。順位としても悪くない。今年は4レース+全日本に出場しています。
CJ2菖蒲谷 22位 9ポイント
CJU八幡浜 37位 19ポイント
CJ1朽木 27位 24ポイント
CJ富士見春 43位 8ポイント
全日本 33位 23ポイント
現時点でのポイント数 83ポイントです。
ランキングは63位。。。降格するのは51位から。。。。正直シーズン途中の基準発表までは71位以下と思ってたから参るよね~全日本以降でレース回るとか現実的に難しいし!!

ざっくり考えたのですが上位の選手の状況からみるにたぶんあと90ポイントくらいは必要。
CJ1下関だけで考えたら9位とらないとムリ。これは現実的に考えて100%ムリ。彼らをリスペクトしているからこそそれを想定するのは失礼だ。目指してはいるけどね。
本当は下関だけで終わらせるつもりでしたが、そこそこ走れているシーズンに降格してしまうのはあまりにも悔しい。なので10/29に開催されるCJ2京都湯船に個人休も代休もすべてぶっこんで出場することにしました。
これで可能性はゼロではなくなった。といってもエリート残留の可能性がゼロから20%くらいになったというところか?

スタートリストを見ても上位には格上の選手がズラリ。
http://wakitasoft.com/Timing/StartList/2017/20171022_SL/RaceData01.pdf
自分のすぐ後には元プロ選手とかもいます。たぶん皆考える事は同じだろう。

それでも何もせずに悔しいとか言うのは違うなと思って、挑んでみます。それだけの練習と生活はしてきたと思う。それでも結果がでなければそれまでの事。

僕は目標を持って日々を過ごす事の素晴らしさを知っています。

計画通りに進んで充実する日々、仕事や家庭の事情でスケジュールが狂い練習もコンディションも噛み合わず苦悩する日々、レースの結果で喜んだり悔しかったり、一緒に練習をして笑ったり、爽やかだったり、ゲロ吐きそうだったり、応援してもらって超絶ハッピーだったり、目標を持つってことはレベルはどうであれ誰にでも平等だと思います。

でも目標をもって過ごすってなかなか難しい、愛媛マラソンなどが人気なのもその努力の過程に魅力があるからなんじゃないかな?

CJレースはその努力の過程に順位やランキング、上位クラスへの挑戦や最終的にはプロと同じクラスでレースができるという可能性がある。しかも競う相手たちは誰も道は譲らない。常にガチンコだ。社会人になってスポーツでそこまでガツガツいけるのって少ないと思う。更にいいのは個人種目なので最終的には自分のハートと努力で結果がきまる。

どこかの自転車屋CMであるよね?プロと同じ自転車が買える店!?いやいや自転車はプロと同じレースを走る事ができる可能性だってあるんだぜ?うちの店長はその内の一人だぜ?

子供の頃、サッカーとか体操とかプロレスとか魅力ある選手に憧れたよね。MTBでもスタイルある選手に憧れたってもんだ。僕はそんな一人になりたいなと。そんで教室とかMTBに乗る機会やキッカケを作って子供~大人までみんなが目標をもって努力できる環境作りがしたい。

速くなけりゃできないという事はない。が引き出しはたくさん必要だ。

だから僕は10/22 CJ1下関と10/29 CJ2湯船で全てをぶつけてきます。

CJ1下関はINFINITYからエリートに途中昇格したブルースとチャレンジクラスに上西が参戦、愛媛県からはチャレンジに中川コウジ、マスターに竹本いんちょ、アドバンスにつばっち、がエントリーしてました!!

今日の閉店後に移動開始です。応援よろしくしゃっす!!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ryokely.blog60.fc2.com/tb.php/4573-c6cc672a