MTB
スペシャライズド。2018年は鬼熱ラインで攻めまくりですねぇ。

ALLEZが大きくモデルチェンジし、NEW TARMACが心躍る出来栄え、そこにきてあの【EPIC】のモデルチェンジ!!

epic199 (1024x773)
                (写真はイメージ:このカラーは国内展開なし)
これを見ただけで全体的にスッキリしているのがわかる。

epic186 (1024x575)

S-WORKS EPIC XX1 EAGLE   ¥920,000_(税抜)

実際に国内販売される完成車はこれ。コンポ、ブレーキはSRAMで統一し、ROVALのカーボンホイールを採用。フォークはEPIC専用設計のROCKSHOX SID。

100mmストロークで完成重量はまだ現物とご対面していないので不明。

epic187.png

先にも書いたがフォークは専用設計なのでフレームとセット販売になります。

フレームフォーク+新設計シートポスト ¥550,000_(税抜)

epic188.png

SPECIALIZED独自のRider-First Engineered™フレームテクノロジーで周知の通り、サイズを問わず同じ性能目標を達成している。体格の差がハンデにならないバイク性能。

epic189.png

アッパーシートステイのしなりもサスペンション構造の一部として利用することで、リアアクスルのピボットを廃止して大幅な軽量化。

epic192.png

ROCKSHOX製のユニットを採用。オイル回路を見直してコントロール性を高める事でスムースに悪路を走破する評価の高いEPICを更に上の領域に

epic193.png

NEW BRAIN 2.0

路面の読み取りと応答性が向上するように後輪軸直後に配置。新設計にすることで障害物や転倒によるトラブルを回避。

epic194.png

ROCKSHOX別注のEPIC専用設計のSIDフォークを採用。もちろん110mm幅のBOOST規格だ。

なぜ別注のフォークなのか?前作のRS-1ではダメなのか?

epic186 (1024x575)2018モデル
165459.jpg2017モデル

新型は長めのトップリーチでヘッドチューブ角度が寝かせ気味になっている。
路面追従性を高め下りでのスピードアップが期待できる。

しかし、長年EPICと走ってきた私としてはキレのいいクイックなハンドリングが肝に感じてた。そこにきてヘッドを寝かすだけでは芸がないですぞ?と。どこぞの薄っぺらいリーク記事には角度がとか軽量化がとか、あたかもそれらしい言葉を書いてるが…

この構造変更だからこその専用設計SIDでしょう。 超絶スムースなRS-1やFOXからのフォーク変更は42mmのオフセットとしたフォークあっての事かと。

これによりシリーズ最高のハンドリングを実現し、後輪荷重を強めた結果、旋回性能も向上しているらしい。

まだ僕も乗ってないので「らしい」です。

ですが、従来よりもコントロール性、旋回性能が高くなるというだけで期待は高まる。

ワクワクと乗ったときの妄想が止まらないNEW EPIC。この様に細部にわたり構造変更を行い重量を削り、

なんと!!

2017S-WORKSから2018S-WORKS比較で~

345gの軽量化!!

地球上で最も速いクロスカントリーバイクってうたい文句も伊達じゃないかも☆

でもね。

正直S-WORKSが凄いのは誰でも分かってるんですよね。

でも今年はS-WORKSじゃないEXPERTがヤバイ。

186691.jpg

EPIC EXPERT  ¥520,000_(税抜)

超絶かっこええ。

このフレームも同じ構造設計でカーボン素材とコンポーネントの違いが価格の違い。

なんだこのスペシャル感。

間違いなく予約で台数が少なくなるレベル。

コンポはSRAM GX EAGLE 12速。

ビビビと来た人は予約すべき。情報が少ない今動いとかないと手に入らなくなっちゃうよ!!

こいつは僕的にS-WORKSより注目している一台です☆


epic196.png

EPIC COMP ¥320,000(税抜)

こちらはアルミフレームで新構造になってますが、あまりにも情報が少ないのでよくわかりません!!!!


なんせNEW EPIC!!

要チェックや!

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ryokely.blog60.fc2.com/tb.php/4506-46edd373