松山に初上陸したBody Ge­ometry FIT with Retul を上野サイクルさんで受けてきました!!

って感じでイチお客さんとしてテスト受講してみました(笑)

2017-05-15 001 (1024x683)

フィッターは上野サイクルでメカニックをしている宮内 翔くん。
学生時代はトラック競技で国体にも出場している方で現在もロードでガンガン走っていらっしゃいます。

そんな彼がフィッターだというのだから怖いかな~と、緊張しながらアセスメントを受けたのですが、意外にもよく喋る方であれよあれよと自分の体の事とか、自分の目的だとかを聞き出してもらえました。

その時にマットなどを使って体の動き、可動域を確認してもらいます。
テキパキとしていて「あれ?もう終わったの??」ってくらいスムースです。

2017-05-15 003 (1024x683)

このRETULという機械。。。なんか乗るの緊張する…けどこの重厚感は見てるだけでもワクワクしますね。

18485394_1311448488969698_7133671914224021305_n.jpg

体の各部にセンサーをつけていきます。センサーをつけてペダリングをするだなんて、まるでプロ選手!?のような気分になってすごい心地良くて自分の世界に入ってしまいそう。。。とペダリングをしてると翔くんから「もうちょっとしっかり漕いでもらっていいですか?」と言われて現実に戻ります(汗)

私は競技志向でのフィッティングを求めているのでその際のペダリングにも競技志向が求められます!
なのでけっこー汗かくんです!タオルは必須☆

1494816968797.png

フィッターはセンサーで得た情報を元にポジショニングの調整を行ってくれます。
過去に受けてきた
「一度、自転車からおりてください~。」
「ちょっと調整しますのでお待ちください~。」
ではなく!!
ペダリングをしている最中にポジションを変えてくれるのです。

最初に行ったアセスメントで把握した体の可動域と実際のペダリングを確認して感覚だけでなく数字的な裏づけもありながら的確な位置にハマっていきます。
プロセスを聞けば聞くほどに納得。自分では気がついていないことがたくさんあるんだなと驚きを隠せません。

1494816996906.jpg

FIT後はジンツールという機械をフィッターが慎重に運んできてRETULの各部位をなぞります。
なにをしとるんやろか?っと思ってると背後から「ピコピコピコっ」と電子音が!?

1494817006147.jpg

壁際にあったパソコンにデータが取り込まれているではないか!!

このデータを実際のバイクに落とし込むことでBody Ge­ometry FIT with Retulはひとまず完了となります。

ひとまず、です。

しばらく新しいポジションで乗り込んでからRE-FITを受けます。(1回は無料)
微調整や気になる部分があればフィッターに遠慮なしに話せばいいそうです!

screenshotshare_20170515_115815.png

その後、フィッターからPDFファイルに入ったデータが送られてきました。
お互いにこういったカルテを保存できるのは安心しますね♪

BODY GEOMETRY FIT WITH RETULの料金は下記の通り。
ショップ購入車両の場合
BG FIT WITH RETUL ¥30,000+TAX

ショップ購入車両の場合
BG FIT WITH RETUL ¥35,000+TAX

今後はFIT受講者だけの限定ライドなども企画予定だそうでちょっとワクワクしています。

1494817017842.jpg

そうそう、RETULってクランク長も自在に変更できるんですよ。
今回僕は遠慮したんですが、ちょっとクランク長を短くしようかな?とかも考えてるんですよね。
その辺りもアセスメントによって必要だとなればススメてもらえるでしょうし、実際に迷っている旨を伝えれば長さを変更してFIT行程も行ってもらえると思いますよ。
まずはフィッターの翔君とたくさんお話することが大事ですね。

競技アガリの人は高圧的で持論を話されるのかと思いきや、そのようなことはなく、体の部位をしっかり観察されて説明などもしてくれるので安心してお任せできました。

と、あまりフィッターと一緒に走ったことのないお客さんとして受けてみた感想です☆

ひとつ気になるとすれば…ズボンに穴が開いてることくらいかな?笑?

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ryokely.blog60.fc2.com/tb.php/4480-175eb8d6