MTB
2017年5月5日
CJー1第二戦となる 高島ステージ。
滋賀県朽木スキー場で開催されるのでCJ1朽木と呼ぶ事の方が個人的には多い。

どんな感じで会場入りしたとかは前記事よんでもらったとして、アドバンスクラスの2周目くらいから体の準備を開始。少しの柔軟。おまじないの様にスポーツアロマでマッサージして柔軟。軽くローラー回し体の硬いとこ少し伸ばしてから実走アップ。

18301797_1301963933251487_2917962668609045300_n.jpg

スタート15分前から召集されてスタート位置に並ぶのだがなんと初めての第1BOX

18268495_1301962866584927_2305693179163146328_n.jpg

CJレースはランキングによってスタート位置が決まる。八幡浜と菖蒲谷のポイントを獲れたのでかなり前の位置です。
すげー緊張してるっていうかヤル気マンマンか。

18222200_1301962519918295_6155690024670815019_n.jpg

自分の3列前には日本のトップ選手達が!!!!

すげえ。

20170507060511eed.jpg

一斉にスタートしてアスファルト区間をこの先に絞られる区間までフルもがき!!ってタイミングで僕の右斜め前で接触落車!!
写真でも見えるよね。向かって右側に居る白ヘルが僕です。少し減速を強いられましたが無事切り抜けれた!運がいい!

18268155_1301963893251491_288636903699914252_n.jpg

トップはSPECIALIZEDの平林選手がモリモリいきます!

18301087_1301962989918248_3555040887476169755_n.jpg

僕は30番半ば~後半に埋もれそうになりながら最初の登りへ。

最初っていうかここから先ヒタスラ登りです。

朽木のコースはひたすらゲレンデの上まで登る。そこから一気に下ってくるだけのコース。

登坂能力とパワー、体力が一番必要とされるコース。

18221636_1301962359918311_3588278485449002137_n.jpg

予想外にスタートで争った位置から順位を落とすことなく一周目の登りを終えた。なんなら少しあげたかもしれない。
写真撮ってるINFINITYブルースも思わず「おぁっ!エエ位置で来るやん!!」と言うてしまうほどだ。

18268245_1301965889917958_1110379218861499176_n.jpg

2周目でガックリなるかと思いきや…抜ける。僅かな登り返し区間やスピードを乗せて突っ込む部分などで前に出ることができた。
「速い」と認識されているエリート選手達に臆することなく前に前に出る事ができた。
失敗を恐れずにね。

18221762_1449412985079150_1709990051958142151_n.jpg

3周目だったか?ずいぶん登りが楽に感じた。リラックスできていたから少し周りも見えるようになってきた。ゲレンデで前方を見ると有名選手達の背中が見えるじゃないか!!
すげぇ興奮したのを覚えている。

20170507060523a4c.jpg

4周目だったかな?下り区間で二人ブチ抜いて登り返し。かなり苦しいが無理してでも前に出ないと高いレベルにはいけない。
当然抜きかえされるたのですが、やるかやられるか。最初からやらないやつには先がない!

18199129_1389259261153299_5561117390973921281_n.jpg

5周目の頂上あたり。マジで泣きそうで止まりそうだけど、、、たくさんの応援のおかげで耐えきれた!!

ひたすら下っていくとずーーーーーーーーーーっとバトっていた山鳥の西山くんの姿が見える!!タイム的には6周は走れずにここでレース終了になるっぽいのでモリモリ走ったが。。。追いつくことなくー1LAPでレースは終了。

85名中27位!!
順位的には過去最高位!!
できれば完走したかったけど…この登りだらけのコースでよく頑張れたと思います。

もっと上のレベルで戦いたいという想いが超強くなった朽木。
もっともっと速く、強くなりたい。
35歳にして進化の可能性を感じる!!

応援、撮影、フィードありがとうございました!!

全ては7月の全日本選手権にむけて!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ryokely.blog60.fc2.com/tb.php/4473-91fd007f