MTB
菖蒲谷が終わって気が付いたら金曜日になってしまいました。
今日までにしたかった事の半分も物事が進んでいない&練習もできていない。なかなか思うように事はすすみませんね。

さて、4月9日に出場したCJ2菖蒲谷エリートクラス編
17634702_1271332629647951_7109498986115273720_n.jpg
クップドジャパンとなってシステムが変更された年にエリートから降格しモチベーションを下げてしまった時期もあったけど、やはり限界ギリギリで競う感覚が堪らなく好きな自分はXCレースをやめられないんですね。なんとか1年でエリートに復帰。2年ぶりのエリートクラスでのレース参戦となります。
プロ選手やメーカーサポート選手などとも同じクラスで走るわけですが、実力は天と地ほどの差があります。それは分かっているのですが、自転車屋としても、地方でMTBの普及を目指す一男子としても、やるからには全力で挑みたいのです。

バタバタとしてゆっくり写真も撮れませんでしたが、2017年から新しい相棒とレース参戦します。
SPECIALIZED S-WORKS EPIC HT 29
新型のハードテイルでフレーム重量は800g台。実に5年ぶり?のハードテイルです。
なんでHTにしたの?ってよく聞かれます。うーん?軽さ。 あとは自分の動きの一つ一つがプラスにもなればマイナスにもなるという初心に還る意味もある。
コンポはワイヤー式ですがSHIMANO XTRで統一
フロントフォークはFOX RACING SHOX 
ホイールはMAVIC CROSSMAX CARBON
重量は8.6kg。 妥協なくやりあげました。
17798917_1271340382980509_6418176381042340503_n.jpg
エリートクラスは44名が出走。 4kmのコースを5周回で競います。
スタートして最初の激坂。TOPで突入しているのはSPECIALIZED RACINGの平林 安里選手。このままぶっちぎって優勝しました。
そしてANCHORの平野選手 Drawerの小野寺選手と続きます。ちなみに最後尾スタートの僕はまだ下のアスファルトに居ますwww
17799253_1271339826313898_2926297300209214788_n.jpg
路面はスーパーマッドではないですが、かなり滑りやすくなっていて狭くなっている部分で押しがはいっちゃうと全員押しです。写真ではど真ん中の最後尾に居ますね((笑))この時はビッシリ詰まったコース上をどうやって前に出ようかな?と考えながらゆっくりペダリングしていたと思います。最後尾は焦るどころかゆっくり考える時間があるのです。
17800390_1271333806314500_2948739631425351832_n.jpg
猛烈プッシュアップゾーンでダッシュかまして前に出る。もう単純にこれしかないんです。
ここから先は人は抜く事だけを考えて走る。後ろについてはダメ。一瞬の迷いがすべてを無にかえしてしまう。
分かってはいるんですが、それを実行するにはかなりのメンタルは必要になってきます。一周目はコースコンディションに上手く対応できずタイヤが空転してしまう場面も多く、大きな失敗をしないように心掛けながら走りました。淡々とマイペースを崩さずに走るとそれなりに前に出始めました。たぶん20番台中盤~後半くらいにいたんじゃないだろうか?
17634882_1271341509647063_8830374795116189261_n.jpg
2周目に入ると自分の中で速いと認識してマークしている選手達がチラホラ目につくようになってきました。どこで踏むべきか?なんとなくコースの感じも掴めてきたのでし「キツイ時は相手もキツイ」と言い聞かせて常に前へ前へ。
フィードでは上西さんが毎周回ボトルを用意してくれていて安心して走れました。
ブルースもコース内の色々な場所に現れては応援して力を与えてくれます。そして写真も撮りまくってくれました!
ソータは折れた指が痛みながらもコースを回って応援してくれました。
色んな人の応援が耳に入ってきます。しかーし、久しぶりのエリートの負荷は半端なく…あんまりリアクションがとれません(笑)
17888509_1885053634854263_2062736423_n.jpg
抜いてもすぐ抜きかえしてきたり、粘られたりと超刺激的。
この写真はSPECIALIZED RACINGの方が撮ってくれた一枚ですね。こんな顔してるの久しぶりですね。
この時点で18位まであがってます。自分的には満足いく走りをしていたんですが、ここで僕の考えてしまった事が一番の【NGポイント】でした。
18位になった時17位の選手がまったく見えなかったんです。目標物を失って少し弱気になってしまった僕は4周目に入った時、終始続けていたバトルがキツクて…早くレースがおわってくれ~「足キリ」で終わらせてくれ~。と。考えしまったのです。
こんな考えが頭をよぎっている高強度の負荷に耐えられるわけがありません。
17862521_1271349132979634_7612642784606062378_n.jpg
4周目の後半で落車をきっかけに完全に失速。一人、また一人と抜かれてしまい、最終的には最終回には入れず-1LAPでレース終了。順位は22位でした。
復帰戦としては悪くないのですが、最後に心折れちゃったのが悔しいですし、あそこでノリノリで前まで追いついてたらファイナルラップにも入れたかもしれない。一昨年よりは走れてる感じもしまうのでエリート完走が夢物語ではないんじゃね?とかも感じています。
17634788_1271346599646554_2631339205365329544_n.jpg
経験した事のない事は語らないってか語れないですよね。だから僕は何歳になっても色んな事に挑戦していきたいと考えてます。

次戦は4月23日の八幡浜。
応援は最大の力となります。ぜひ八幡浜市民スポーツパークで熱いレースを観戦してください。ついでに僕の応援もしてもらえたら超ハッピーです!
よろしくお願いします♪
17499331_1271347869646427_6317601746931784168_n.jpg
現地で応援、ご一緒した皆さん、一緒に遠征してくれた上西さん&ブルースありがとう!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ryokely.blog60.fc2.com/tb.php/4455-dae4704e