MTB

愛媛県西予市から世界を目指すアップカマー 村上 功太郎という高校生を知っていますか?

MTBをやってる人なら知っている方は多いでしょう。小学生の頃より「こけむしろ」というチーム名で各地のMTBレースに出場をしてメキメキと成長をしている3兄弟の長男君。
県内だけにとどまらずジャパンシリーズやユース選抜大会などに出場して着実に成績を残しています。
2015年は中学3年生でありながらクップドジャパン ユースクラスにて
・びわこ高島CJ1  1位
・八幡浜CJ国際  1位
・勢和多気 2位
・全日本選手権 3位
・菖蒲谷CJ2  2位
・白馬ユース 5位
という成績を収めています。これってかなり凄い事なんですよ。めちゃくちゃレベル高いんですから。
判りやすく言うならば、MTBで僕より余裕で速い域です。

2016年4月、高校へ進学し松山工業高校の自転車競技部へ入部。
ロードレースやトラック競技、いままでのMTBとはまったく違う世界に戸惑いながらも高いポテンシャルを発揮し一年生ながら8月に行われたインターハイにも出場しました。
13912529_1133984213342520_5891679103418941376_n.jpg
しかし、
功太郎君は高校に入っても一つの種目に捉われずロード、MTB、シクロクロスなど積極的にレース活動を行っており、これからの活躍を期待しつつも応援したくなるような少年です。
2016年ユースクラスでのクップドジャパンの成績は
・菖蒲谷CJ2  3位
・びわこ高島CJ1  2位
・八幡浜CJ国際 1位
・全日本選手権 4位
・下関CJ1  2位
13901310_280500085675329_8795773560196659954_n.jpg
2016全国ユース選抜マウンテンバイク大会 優勝
この大舞台で強豪の集まる中での優勝は本当に素晴らしい成績だと思います。

僕が彼を凄いなって感じるのはレースだけでなくその後のレポート発信をきちんと行っているという事。
毎レース結果報告、過程や内容をレポートしています。
やはりきちんと自己発信する子には応援したくなるってのが当然です。

以前からシクロクロスには出場をしておりましたが、2016年は関西シクロや全日本選手権にも出場したいという事でスペアバイクも含めフレームを検討中だと話をいただきました。
2016-11-17 009 (1024x683)
村上一家は購入のつもりで私に相談してくれたわけですけど、イロイロ考えて…
メイン用、スペア用のシクロクロスフレームを上野サイクルよりサポートさせてもらう事にしました。
ずっと頑張ってる家族を見てるしね。
ANCHOR CX6カンチブレーキを2本どーん!!
2016-11-17 013 (1024x683)
なんで?って思う人は多いと思う。
でもね、思いっきり競技に集中できる期間ってすごい限られてると思うんですよ。そこで突出できるかどうかは本人にかかってるんですが、周囲のサポートあってこそじゃないかな?とも感じていて…それに愛媛からMTBのレースに頑張って出場してくれてる一家を見てて会場に帯同もしてあげれないし、「なんかできないかな?動けない自分がもどかしいな。」って考えていたトコロにご相談をいただいたので使ってもらう事にしました。
14915648_348949535497050_2561222964545386410_n.jpg
村上 功太郎
レース会場で見かけることがありましたら応援してやってください。
僕が望むのは思いっきりレースを楽しむ事と自分なりのレースレポートを提出してくれることかな。
結果がついてくりゃベストだね。

木曜日フレームを渡して11/20(日)早速レースで使用したそうです。

以下-村上 功太郎君からのレポートです。

関西シクロクロスマキノ レースレポート
今シーズンからシクロバイクのフレームを上野サイクルさまから提供していただき、NEWバイクで1年ぶりのレースでした。また、DECOJAさまからもサポートしていただき、いろいろアドバイスをしていただきました。アップやレースまでの時間をテントの下でゆっくりと過ごすことができ、とても快適でした。
初めての関西シクロでどのようなものか楽しみにしていました。小さい子から大人まで、たくさんのひとが参加していて、ビックリしました。
クラスはジュニアで前回覇者の梶さん、インターハイロードレース3位の日野泰静、とメンバーが全日本なみの面白いレースでした。スタートがマスターと混走で前に行くのが大変でした。前半は泰静との差はそこまでありませんでしたが、後半になるにつれ、感覚を取り戻しペースが上がっていきました。自分は必死に上げるも、なかなか追い付けず20秒ほど離されゴールしました。
下りでのミスと降りる判断が早ければ、差はそこまで開かなかったかもしれません。クリートも土が詰まりはまらない時がありました。
今回のレースで足りなかったもの、失敗だったことがわかったので、次回のレースではそこを改善していきたいです。

ANCHOR CX6はしっかりとした剛性で踏めば踏むほど進みました。でも下りではしなやかな感じの乗り味でした。カーブで倒して曲がったとき、しっかりと地面を掴んだ感覚が伝わりました。
バランスがとれたバイクで、あまり疲れを感じることがなく乗っていて安心しました。

たくさんの応援、サポートしていただいたDECOJA様ありがとうございました。
今後の予定では、次の日曜が中国シクロの島根
翌週はみやまに行く予定です。
全日本までのレースにはなるべく多く出場し、たくさんの成績を残したいと思います。
目標は世界選手権に出場することなので、これからも応援よろしくお願いします!
15178263_350078068717530_5038005991932513031_n.jpg

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ryokely.blog60.fc2.com/tb.php/4347-fc1aa752