昨日はブリヂストン ANCHOR の2017新製品発表会へ行ってきました!!
2016-09-14 008 (1024x683)
最初に目に飛びこんだのはリオ オリンピックを走った内間選手とトライアスロン上田選手の実車!!
2016-09-14 013 (1024x683)
日本代表としてオリンピックを走ったBRIDGESTONEの文字。痺れますねぇ。
2016-09-14 005 (1024x683)
さらには全日本選手権タイムトライアル、ロードレースのダブルチャンピオンとなったチャンピオンジャージが。
今年のANCHORは波に乗りまくってます!!
2016-09-14 074 (1024x683)
マウンテンバイクも当然激しい戦いをしてくれています。全日本選手権では平野選手が準優勝、先日のCJ白馬では沢田選手が優勝と国内メーカーとしてレース界を牽引しています。
2016-09-14 006 (1024x683)
【PROFORMAT】推進力最大化解析技術
アンカーとブリヂストン中央研究所が共同で創り上げた推進力最大化解析技術は自転車の推進力(ペダルを漕いだ時のエネルギー効率)を最大に高めるため、フレーム各部の細かな変化や変形を数値データとして拾い上げる。そこから生まれた設計理論を実際のフレームとしての感覚へ戻す。
レースで勝つ事を目的として作られたのが昨年発売されたRS9、RS6
2016-09-14 014 (683x1024)
【長く快適に乗る】ということを目的に作られたのが新作であるRL9,RL6だ
2016-09-14 015 (1024x683)
もっともっと踏みたくなるようなバイクだが長距離を乗れば乗るほど優れた部分がわかってくる。
テストライダーの選手からはしなやかだがよじれを感じない。トルクをかけた時の反応性のよさには愕いた。最初はモサいかな?と思ったが乗れば乗るほどトータルでの楽さに納得。
といった期待通りの答えが返ってきた。
絶大な人気を誇ったRFX8.更にシャープな走りとなったRL8そして今回のRL9.
RL8に比べハンガー剛性120%上昇、後ろ三角は114%上昇 求められる性能は剛性だけではなく乗り心地。
どんな走りになっているのか…今から待ち遠しい。
更にフレームフォークセットで100gの軽量化を果たし1,390gとなった。
2016-09-14 016 (1024x683)
RL9フレームセット¥220,000_
RL9 DURA ¥620,000_
RL9 ELITE  ¥385,000_
RL9 EQUIPE ¥310,000_
RLP EPSE  ¥310,000_(台数限定ホイールアップグレード)
2016-09-14 017 (683x1024)
剛性面では上昇をしているがフォークはベントフォークに戻っている。乗り心地を重視してとのことだがRL8のキレのよさは手放してないという。
2016-09-14 019 (1024x683)
ダウンチューブは更にワイド化されている。
2016-09-14 020 (1024x683)
テーパ形状のシートチューブにらしさを感じるシートステイ
2016-09-14 021 (1024x683)
うむ。何度見てもここ好き。
2016-09-14 022 (1024x683)
チェーンステイからのワイヤ取り回しもいいですね。
2016-09-14 023 (683x1024)
お腹の下もスッキリしててクセないです。これ大事ね。
当然、展示用にも発注していますが発売は1月になりますし、予約しておかないと入手はしばらく先になるでしょう。まずはご相談を!!!
2016-09-14 025 (1024x683)
これハードマット塗装のカラーはプレシャスチタン。渋くてめっちゃかっこよかったっす!
2016-09-14 040 (1024x683)
RL9EPSE
2016-09-14 042 (683x1024)
このカラーのみです!!カッコイイし!限定!!

2016-09-14 046 (1024x683)
同じEPSEシリーズでRS8  ¥240,000_
これめっちゃお得。通常¥255,000の商品が¥240,000_で更にホイールがフルクラム レーシング7にアップグレードされているのです!!
2016-09-14 043 (1024x683)
見た目めっちゃいい!!!!!!!!

時間がないのでまた別記事書きます!!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ryokely.blog60.fc2.com/tb.php/4288-98993a39