2016年7月3日
はつかいち縦断みやじま国際パワートライアスロン大会に出場してきました!!
2016-07-03 006
世界遺産である宮島をスタートするというとんでもないトライアスロンの大会です。
画像の真ん中くらいに見える白い建物がスイムのゴール地点です。。。なんと2,500mも泳ぎます。3年前の僕なら想像もしていなかった距離ですね(笑)
愛南トライアスロンにエントリーできなかったのでそれ以上に激しく挑戦レベルの高い大会をと探した結果が
スイム2,500m→バイク55km→ラン20km
みやじまトライアスロンに挑戦となったわけです。
2016-07-02 003
初めての参戦で右も左も分からなくてソワソワしながら土曜日に会場入り。
まずはバイク預託(バイクを既定の場所に預ける事)を行ってヘルメットも含みゼッケンの確認をしてもらう。
2016-07-02 004
それから受付をして時間のある内に翌日の準備をしておきます。
ゼッケンをセットしたり、ワンウェイコース特有の3か所荷物を準備…これが慣れてないのでこれまたソワソワ。
参加賞にTシャツとオタフクの焼きそばソース…お好み焼きちゃうんかい!
2016-07-02 005
夕方から説明会を受けます。
トライアスロンの大会はこれに出席しないと出場できません。
今回は一人で参加の僕…不安なので説明はカジリつくように聞きます!!
201607050011576f8.jpg
と、ここで素晴らしい出会い!!!!
同じ愛媛で自転車屋を営む【サイクルショップ門田】の門田さんと出会うことができました!!
重信川から青橋を砥部ZOO側ススムと右手にあるお店ですよ~。
門田さんはトライアスロンの大先輩!!
同業で近所ですが、なかなかゆっくり話す機会もなくて…すごいチャンス!と思ったので一緒に行動してください申請!
2016-07-02 007
さすが今大会5回目となる大パイセン。前夜祭の位置取りもあでしっかり把握してらっしゃる。
おかげで待つこともなくスムースに食事へありつくことに成功!!
食事をしながら翌日のことや店の事などを話せました~。
2016-07-03 001
がっつり睡眠をとった朝。朝飯にカレーをもりもり2杯食って預け荷物もってGO!!
とか言いつつ不安なんで何度も袋の中身を再確認ww
2016-07-03 002
バイクにもボトルやシューズを最終セット。
ここで大失敗。シューズセットしてるのに…シューズの口を開口してないorz
当然この時の僕はまだ知らない(笑)
2016-07-03 004
ランの時に受け取る荷物もここで預けます。
袋の口を縛るのが常識ってこともココで知りました。
2016-07-03 005
船に乗っていざスタート会場宮島へ!!
2016-07-03 008
世界文化遺産×ウェットスーツってのも不思議な光景よね。
2016-07-03 009
お参りもしておきます。
僕は「ここまできました!よろしくお願いします!!」
お参りっちゅーか挨拶よね。
2016-07-03 010 (1024x768) (2)
スタート前に門田さんと記念撮影!!
この日は風が少々ありまして。。。海は絵で書くと「ギザギザな小山」みたいな感じでザワザワと。。。
牡蠣の養殖イケスを回避しながら泳ぐので横移動からの縦移動。縦移動になると真横から潮が流れると予想されます。大会の人曰く時間が経過するにつれて潮の流れは速くなるから遅い人ほど大変…だそう(泣)
スタート30分前。。。緊張しつつ試泳。なんかゴーグルに水入ってくるな。泳ぎながらヒモをきつくしたり色々する。こんで大丈夫や!と陸にあがると目の前の人が
「兄ちゃんゴーグル逆さまやで。」
それでか!!
おかげさまで落ち着いてスタート位置につけました☆

8:30スタート
泳ぐ海が広すぎてバトルにもならん。
波は今までの大会より立っているが焦りはない。焦らず泳いでいると周りに人が居ない。。。あれ?俺遅い??
少しずつと集団から離れる方向に進んでいたようです。慌てて復帰。
それでも2,500mもあるんだから落ち着いて!と自分に言い聞かせながら泳いだ。
20160705001119e89.png
自分が速いのか遅いのかもよくわからないが、なんとかしんどさは少ない状態で右折をするポイントまで来れた。その辺りから潮の流れが全然違う(汗)
波がウネウネと横からきて前を見る事もできない。息継ぎをするにも海水が口を覆う!
待て待て!予想よりもスゴイがな!なんかゴミとかも多いしなんしか横波が辛い。

前の人がペースを上げたのか、自分が疲れてついていけないのか?さっきまで近くに居た人々に離される。
なにくそーー!!
我武者羅に腕を振るが追いつくどころか呼吸がキツい。フォームもクソもあったもんじゃない。
それでもなんとかスイムアップのブイが見え始めた。
「やったよー!やったよー!俺…宮島トライアスロンやってるやん!」
達成感に包まれながらスイムアップ☆
ガーミンのスイッチを押し満足気味にタイムを確認。
【1時間5分ちょい】
???????
自分的には54・55分くらいかと勘違いしていたので衝撃を受ける(焦)
この時点で394位だったそう。
バイクラックへ向かうと周りには自転車が全然ない…タイムからして当然。
ちょっと焦りを通り越した諦めの感情でウェットスーツを脱ぐ。。。なんか体がフラつく。意味わからんし!
とりあえずCCDワンセコンドを口に放り込んでバイクパートへ。。。

間もなくリバース。
波に酔ったのか?
とにかくグロッキー。とりあえずペダル回してるだけでいつ足を止めてもおかしくなかったし何度も辞めようと思った。
けど大会出場には抽選で選ばれており落選した人も居るのを聞いていたので
「我慢の時間や」
と切り替えて再度MAG-ONを補給してドリンクを飲みまくる。
登り坂の多いコース。どんどん人を抜くのだけども掛け声をする余裕すらない。アップダウンの合間である平坦路では追い抜くほどスピード乗せれてない。
ガンガン行くはずのバイクパートで全然イケてない自分に悔しい思いをしながら我慢我慢の前半戦。
20160705001129edb.png
中盤の平坦区間でやっとこさ足が回り出す。もってきてた補給食も全部食べれたし勢いもよくなってきた。
13524445_997987853649098_7118128407636371081_n.jpg
正直今回のレースではVENGEの性能を引き出せたというよりVENGEに救われたという感じです。
おかげで力ない状態でも中盤で粘ってくれて後半の登りに集中できた。
斜度のキツくなる後半登り区間。
基本シッティング。淡々とペダリングしてダンシングは斜度がきつくなるタイミングでペース上げるためのスタイルを貫いた。
ひたすら抜きまくるバイクパート。
バイクパート単体順位は35位。10位以内を狙っていた自分的には残念な結果だったがリタイヤせずここまで来れたのは本当に良かった。
ランに切り替わる所で97位へジャンプアップ。

ランパートになりガーミン920XTJを見ながら冷静に走ったつもり。
序盤5kmは下り基調。それから登り区間になるので最初はオーバーペースならないように注意。キロ4:30~4:40くらいを意識する。とにかく暑い。
エイドで水のしみ込んだスポンジを受け取り首からジャバー!!
保水も積極的に!氷も受け取りガリガリ食べながら走った!!
20160704235401146.png
地獄の登り区間の始まりだ。折り返しまで7kmほど登りまくってちょっと下ってまた登る。
この難コースを90番以内で走ってきたような鉄人達が坂に負けて歩いているのだ。
「歩いたら絶対負け」
これだけを意識してただひたすら足を前に出す。もはや胸を張る力もないがひたすら足を前に出す。
本当に試走に来ておいて良かった。この坂がどこまで行けば終わりなのかを知っているというのは自分にとってプラスだった。
そしてここまで来て膝に痛みがない。これは毎日相棒のペコと散歩(ランニング)しているのが効いてると思う。
「ペコ~ありがとう~」
と心で唱えながら走る。
一度目のピークを超え下り区間へ…さっき抜いた人にズバっと抜き返される。こちらは膝が痛むのが怖くてスピード出せない。
また折り返し地点までの登りで抜き返す。もはや意地。
折り返し地点では水分、コーラ、塩タブをもらってリスタート。
下りでさっきの人にまた抜かれる!
正直下りでスピードの出し方がよく分からないのが本音。あと膝が壊れる恐怖。
しかしあまりにも悔しいしこのままだとこれから続く下りで抜かれ放大になってしまうので少し走り方を真似してみる。
足をスパンスパンと前に投げ出す感じ?
「あれ?登りに比べて全然しんどくないんですけど。」
ただ太腿と腹筋にくる衝撃がヤバい。
おかげでプランができた。
1.この後に来る登り返しに備えて今はイージーに下る。
2.登り返しでトルクは使い切る走り。
3.ラスト7キロくらいの下り区間は全開で行く。
最初の下りでは抜かれても気にしない。登り返しでは横腹を押さえて走れなくなった人をブチ抜く。予定通りこっちは腹にはまでキテない。
そして勝負の下り区間。
ガンガン足を前に出す。
「ウヒョー!!!はぇぇぇっぇぇ!!」
膝痛にビビッテ下りで全開なんかした事なかったから楽しくてしゃーない!
丁度自分の周りには下りガンガン攻めるのが3~4名いた。
終始抜きあいながらハイペー。途中で大雨が降ってきて体が燃えそうだった僕はウェルカムー!!って感じ。
そっから始まる腹筋祭り!バッキバキで腹筋が割れるー!!とか思うけどここで辞めたら負けじゃー!!
必死で足を前に出す。腹筋背筋は限界を超えてる。こんな時こそ胸張って腕を振れ!!
残り2キロ。勾配が緩くなった所でスパート!!
下りで争ってた彼らを置き去りにする!彼らは登りが遅かった。ということは平坦では俺の方が速いはず!!
ここにきてキロ3:58とか表示してくるしテンション上がる!
まさか20キロのラン最後にスパートかけれるとは思ってなかった。
五分五分の賭けでしたけどね。
2016-07-03 012 (1024x768)
【5:07:16】 67位で完走。
目標にしてた5時間切りはできなかったですけどスイムの状況を考えると十分な結果には満足?してます。
なによりランでここまで追い込めた事が最高に楽しかったですね。
あの下りでの高揚感はいままで感じたことが無い世界でした。

ちなみに門田さんは44位と超速い。

はつかいち縦断みやじま国際パワートライアスロン大会の初挑戦は怪我なく終えました。
来年…スイムを強化して出直したいですね~。

読んでくださってありがとうございました!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ryokely.blog60.fc2.com/tb.php/4206-7e15f105