定休水曜日!
宮島トライスロンのバイクコース試走をしに朝からフェリーでどんぶらこと行って来ました!
1466065872370.jpg
トライアスロンの世界に首を突っ込んでみてまだまだ3年の小僧っこですが。。。生半可じゃないコースとして有名な
【はつかいち縦断 みやじま国際パワートライスロン大会】
に今年、初エントリーしてしまいました!!!!
http://miyajimatriathlon.com/
運も良く初エントリーで抽選も通過。落選される方も多い中うれしいことです!
経験してみなけらば分からない事、経験者でないと知らない事。それを自分の全てで感じて来たい。それが自分の仕事にも繋がると信じてますし、チャンスは逃したら巡ってこないものですから巡ってきたチャンスには全力で挑みたいです。もちろん仕事と家庭は大事にしつつね!!
2016miyjajimamap.png
開催日は7月3日(日)
スイム:宮島大鳥居~本州 なんと2.5kmもあります。
バイク:スイムアップ~吉和魅惑の里 山の中をグネグネと登りまくりの55km
ラン:魅惑の里~もみのき森林公園を経由してウッドワン美術館 半端じゃない斜度のアップダウンを20km

試走するその瞬間までは正直なところ…
「なんだかんだ言うて俺ならイケるやろ?」
と思ってましたが…想像を絶するコースでした。唖然とするとはこの事かと。。。
13413045_985871404860743_4459391026036039666_n.jpg
ひとまず広島港から宮島駅へ行って観光客気分を。実はここまでに30km近く走ってるwww
会場はもう少し先にある小さな港からなのでそちらへ移動。
中国新聞ちゅーぴーパークという場所のすぐ近く。たぶんメイン会場はそこになるのかな?と思っています。
なんせ初出場なんでよくわからん。
https://chupea-park.jp/
1466065908362.jpg
そしてたぶんスイムアップするであろう港。
まず見てわかるのは潮の流れが半端じゃないということ。なんか洒落にならん(怖)
そしてその先に見えるのは牡蠣の養殖がズラリと。。。これを迂回しながら泳ぐのだろう。
そんで?宮島の大鳥居とやらはどこだ?僕のスマホ画像ではレベルが低すぎて写らん。左側らへんか?
とにかく遠い。2.5kmというのは恐ろしい距離ということがわかった!!

そしてバイクコースの試走です。
一応マップも確認したし動画も軽くみてたけど、驚くほどコースが複雑!!大きい道路ではなくて細い道もたくさん使われていてアップダウンも激しくコースを実際に走行してないとレースペースでは走れないことがしっかりと分かった。
下り区間では路面状況が悪い場所もあり、サドルの後ろに装着していたボトルが二回も飛んでいってしまった。
これはエリートのダイヤル式ボトルケージが必須だなと再認識。
分岐点が多く何度も止まっては地図を確認しての走行。試走に来ておいて本当によかった。迷いがあっては集中した走りはできない。

試走の感想。なんせ登りが凄い。
序盤の登りというかアップダウンはキツメのインターバルレース(XCレース)をイメージするばかなりの強度で走り抜けれるだろう。
ダラッと続く下りではオーバーワークにならないことが重要だがきっちりとペースを上げてからの維持に集中したい。
コーナーも多いので前走者をパスする回数の多い自分にとっては注意が必要だ。
13.5km地点から始まる6kmの登りは勝負どころ。ここでダルい走りをしていては宮島まで来てる意味が無い。ここは無心で走り抜けれるように。
そこから続く17kmもの下り、平坦、緩い登り、緩い下り。VENGE VIASの性能がモノを言う大事な場面だ。しっかり仕事をしてもらいましょう。
https://www.specialized.com/ja/ja/bikes/road/venge
42km地点から約10kmにも及ぶ地獄とも呼べるヒルクライムが待ち受けます。
ここで大事なのはそれまでの補給をしっかりとしておくこと。マグネシウムの摂取。ミネラルを摂っておくこと。汗を大量にかくことによる脱水状況にならないことが一番重要だ。
頑張るか頑張らないかは本人次第だ。ここで戦うにはそれまでの練習とあとは根性でしかない。
その根性で走れる環境を作ることが重要で補給は命。その準備はこれから煮詰めよう。
ここで勝負できるかどうか。周囲からの視線を釘付けにして走り抜けたい。それにつきる。
13394054_985963164851567_1282719715647724208_n.jpg
魅惑の里。
バイクコースの試走が終わって、このコースはこれで終わったようなもんやと。
一応ランコースも自転車で見といたるかな?くらいのノリで軽く試走へロードバイクで♪

(ランコースの一部)
唖然としました。序盤は5kmほどダラダラと下り基調の道を走るのですが、そこから約300mほどかけあがります。
言葉にすれば何のインパクトもないのですが、それを目の当たりにすると驚くとかそんなレベルじゃないです。
バイクコースで味わったキツさをランコースで同じかそれ以上に味わうのです。しかも残り10kmもある状況で…このコース化け物だ。ぜったい足壊れる。ってゆーか下りでガクガクになって登りで足前にでないという状況が想像できるね。
恐怖しか感じなかった。
しかし、時計をみた瞬間に更なる恐怖を感じました。16時を過ぎているのです。
私が松山へ帰るための船は19:45広島港出発です。
今日走ったのと同じ道を走ると90kmあることになります。
慌てて…いや青ざめてランコースを2.5km残して終了!!!!!

ひとまず唯一存在するデイリーヤマザキでパンを流し込み、店員さんに「そろそろ雨が降り始めるのでお気をつけて」と教えてもらい。
いろんな覚悟をして出発。
この日、体中から汗をかき脱水気味の僕の体。どこまで持つかは分からないがとにかく必死!
途中から来た道ではなく大きな県道を走れば距離は短くなることに気づく!!
車の数は圧倒的に増えますし、道路も狭いし洒落にはなりませんが、マナー守りつつも最良最速で廿日市に近づくにつれタイム的に余裕ができはじめたのでそこから広島までの25kmは安心して落ち着いた走行ができました。
13423772_986043198176897_6776774292894098676_n.jpg
FACEBOOKでお客様である砂田さんに教えてもらったお好み焼き屋さんで体に染み渡るお食事もできました。
港から15分ほどの店紹介。
パーフェクトです!!!!
おかげで最高のお好み焼きに出会いました☆

広島港のフェリー乗り場に着いたのは出航の10分前というネ申プレー。

家に帰り着いたのは23時。からのペコ散歩インターバルでは倒れるかと思いました。
布団についたらしんど過ぎて眠りは浅く。
今日は水分を欲しまくる1日。

恐るべし
【はつかいち縦断 みやじま国際パワートライスロン大会】
覚悟ができた。
きたる7月3日に向けて最高の準備をしよう。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ryokely.blog60.fc2.com/tb.php/4186-6b5ca404