CAAD10にしておけば間違いない。とまで言われたCANONNDALEを代表するアルミフレームロードが新しくなりました!!
2015-07-14 001 2015-07-14 265 (800x533)
チューブの形状と厚みを正確に設計し金属疲労を取り除くスマートフォーム製法を用い、1,100gを下回るアルミフレームが誕生。
CAAD10の真骨頂とも言えるSPEED SAVEマイクロサスペンション機能は50%も向上し快適性が更に増しています!
完全に新設計となったフロントフォークは軽量になったにも関わらず横剛性はアガリSPEED SAVEフォークとしてのしなりは12.5%%アップしています。
2015-07-14 001 2015-07-14 261 (800x533)
CAAD12 105仕様。
CANNONDALE Siクランクが採用されて。。。¥210,000_(税抜)
これだけの進化をしてこの値段。試乗をした我々からすると安い!
2015-07-14 002 2015-07-14 038 (800x600)
試乗もしてきました。しっかりとアップダウンや平地を走り、CAAD12の軽さには驚かされましたが、なにより凄いのが快適性能。路面からの振動がしっかりと吸収されており、わざわざアスファルトが割れている場所を通っているのに衝撃が少ない。
スピードを上げる際にトラクションがしっかりとかかる!!そこからグイグイ走る様はCAAD10を超えている。
やはり際立ったのは振動吸収性だ。
コーナリングもスピードが落ちにくくスムースに曲がります。
2015-07-14 002 2015-07-14 041 (800x600)
アルミロードバイクの中では間違いなくTOPクラス。カーボンロードでもここまでの乗り味(バランスのいい)を出せているのは数少ないのではないだろうか?
しかしだね。ちょっとシートチューーブが長いのだよ。
僕は162cmくらいです。
SUPERSIX EVOなら【48サイズ】でトップがホリゾンタルで510mm。
シートチューブ長は480mmでそれなりにシートポストが突き出します。

が、CAAD12は【48サイズ】でトップがホリゾンタルで510mm。
シートチューブ長が535mmもあるのです!!
正直サドルベタ下げじゃないと乗れません。

CAAD12はシートチューブを長くすることで快適性の向上を測っています。世界のライダー達や日本人でも最近の若い子を足が長いかもしれませんが、従来型?の日本人はそんな足が長くないですから…ちと厳しい。
画像の試乗車は僕が乗りました。フレームサイズは【44サイズ】になります。それでもちょっとサドル高く感じたからあと5mm~10mm下げるかな?

ちなみに現状で44サイズのフレームにはハンドル幅C-C380mm
48・50サイズでハンドル幅400mm
52・54サイズでハンドル幅420mm
です。
僕が乗るなら44サイズですが、ハンドル幅は変更したいところ。
フレームサイズの選び方。まずは現車に跨ぐのがベストですな!従来のサイズからだとワンサイズ下げる事になるかな?足が長けりゃ問題無!!
2015-07-14 001 2015-07-14 266 (800x533)
上野サイクル様に試乗車一台配備しようと思ってます。これは乗ってもらうのが一番や!ってね。
2015-07-14 001 2015-07-14 263 (800x533)
CAAD12...つや消し、ブラックグリーン、イエローどいつもこいつもカッコヨスギやろ!!
あ、ちなみに完成車重量8.05kgねー。
2015-07-14 001 2015-07-14 303 (800x533)
CAAD12アルテグラ ¥300,000(税抜)
Siクランクにスパイダーアーム、MAVICキシリウム、アルテグラ。7.5kg
文句のつけるところがない!!

2015-07-14 001 2015-07-14 255 (800x533)
CAAD12 105DISC ¥260,000(税込)
SHIMANO R505レバーでの油圧DISCブレーキは信頼がおけますのでオススメできます。
フレーム重量は1094gと昨年モデルと比べると200g以上の軽量化を果たしています!
ただ、海外でプレスが試乗したとされるCAAD12アルテDISCは国内入荷がございません。。。。

CAAD12!!これからドンドン入荷してきますっが!欲しい人はとにかく予約
をお願いします!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ryokely.blog60.fc2.com/tb.php/3856-5b756260