お題を見ても意味不明ですよねww
昨日350キロくらいロードで走ってきんです。思いつきでww
何故そんなことになってしまったのか?振り返っていきましょう。

6月24日SHIMANOセールスさんの展示会が岡山で開催されており、新型のシューズやウェア、新たな測定器などが見て購入できる日でした。更にプレゼンテーションは13時から…と中途半端。
13時に岡山入りしようとすると電車なら10時くらいには出発しないといけません。要は往復の電車時間を考えると出勤する事がほぼほぼできない時間帯での展示会なわけです。
電車の中でユラユラしてたって時間の無駄ですし、どうせ出勤もできないのなら練習にしちゃおう!
20140625_0244.jpg
という事で自走で現地入りする事を決意。
8月のトライアスロンに向けてDHバーを使用した走行練習もしてみたっかたし丁度いい!
ちなみに僕のDHバーは外開きのアップタイプです。よくプロがTTで使うような低く真っ直ぐなやつではありません。初心者ですし、そもそも体は柔軟ではありませんから。
20140625_0243.jpg
サドルはDHポジションでも他のポジションでも定評のあるシテロ!!
多くのトライスリートから好評を得ていますが、なんでいいの?どんな風にいいの?って使ってみないとわからないでしょ。
このDHバー、シテロ、両方の良かったところ悪かったところを後から書いておきます。
そしてサドルの下には輪行バッグをセット。香川県の宇多津駅からは電車で輪行を行います。
実は僕…輪行は初めて!やり方は勉強してるけど、実際にやったことがあるかどうかでお客様への説明もかわってくるはず。この勉強もしてみたかったんです。

松山は5時半くらいに出発。最初はDHバーの位置をちょっと調整したり、サドルの高さや前後位置を調整しながらの11号線。だんだん自分の体にしっくりくる形に収まり走りやすくなってきました。
桜三里は特にハイペースではなく自分のイーブンペースで走る。
驚いたことにクライミングポジションでクルクル回してもサドルは自分の骨盤に位置に合わせれるので快適なものだった!DHバーを持ったポジション以外では不安定なサドルなんだと思い込んでいましたが、ポジションさえ煮詰めておけば何ら問題のない事が判明。すごいな!!
下りは快速で車の流れにって気持ちいい。平地区間では安全な場所でDHポジションで走行してみるが風の抵抗をよけることでとても楽だ。ただ今まで使っている筋肉とは明らかに違う場所を多用している。8月まではこのDHバーを多用した練習が必要だ。
DHバーは肘を置く場所とサドルの関係性が大切脇が開きすぎたり縮み過ぎたりしててはダメ。やく90度。前乗りでしっかり落とし込む。という風に認識しているが、実際にもその態勢は快適だった、人により肩幅が違うが僕は身長の割に幅広いので横の固定ネジ一番外側を使用。バーの長さは短すぎると腕が詰まってバー押す力が発生しフラフラしてしまう。遠いと握れない。丁度いい場所とは握りたい場所がきちんと握れ、沿わす程度で走行できる場所。ニュートラルな位置なので平地や安定走行なら沿わすだけ。ガタガタや登りでそのままダンシングする時はそのまましっかり握りこむのでこのニュートラルな位置が肝なんじゃないかな?

新居浜あたりになると…狭い道に通勤車やトラックが密集しだした。。。しかも混んでやがる。信号でストップも多く抜くのに無駄なロスだったり減速を強いられる。この状況が延々と続く、途中11号が分岐する場所?があり、なぜか大王製紙などの工場を抜ける道を走っていた。なんか更にロスしてる気がする~。
なんとか香川に突入したのだが、やはり混んでいて非常に走りにくい。というか香川に入ってからがより道幅が狭くなり走りにくさMAX。ボトルの水も尽きたし、エネルギーの補給も兼ねてコンビニに寄る。
僕の予定では9:30には駅に居る予定だったが9:00の時点で目的地までは40キロ。
こら無理やなとも思いましたが後にすばっちからも言われる事になる「諦めたらそこで試合終了だよ」という安西先生の子t場が頭をよぎる。間に合わなくても良いから全開で走る!!
時折セルフうどん屋が目に入る。何件かはピックアップしていたのでここで補給をとりたかったのだが…止まってる余裕はないので「さぬきうどん」はスルー(泣)
血を涙を流しながら根性だけで回してたら…きましたきました丸亀市!丸亀城もキタ!!あれ?自分が思ってたよりも5キロくらい短いか?どうか?間に合うかも!?全力でモガキながら到着!!
20140624_0225.jpg
宇多津駅!!到着時刻は10:05!!電車の出発は10:17!!
本当はゆっくり写真撮りながら輪行HOWTOみたいな記事にしたっかたんですが~。
一気にばらしてエンド金具ぶっこんでホイールはザッと二箇所しばって…
20140624_0226.jpg
はいっ!!!
DHバーも装着したまんまゴリ押しで袋の中に閉じ込めてやりました。
肩から下げる紐も取り付ける時間がなかったのでナシ!袋の中に手を突っ込んでフレームを持って運びますww
駅員さんに岡山まで!と伝えて切符購入からの普通にゲート通過。いろいろチェックとかされるんか思ったらスルーでした。
20140624_0227.jpg
なんとか間に合いました。。。
本当なら電車には汗を濡れタオルで拭いて服も着替えて乗り込むつもりでしたが…もうそのまんま((笑))
電車が発進しその間に爆睡。
20140624_0229.jpg
無事に岡山県に到着し、輪行を解きます。
20140624_0228.jpg
リアのエンド金具は必須ですよ。僕のは自家製ですが、一般の人はオーストリッチから販売されているエンド金具を買うことをオススメします。
手間暇と重量を考えると買う方が安いです!
20140624_0230.jpg
メンテナンスを終え、荷物も再収納したので出発です。会場のセミナーまでは時間がありますので(乗り遅れてたら余裕ゼロ)岡山市街地をポタリングしながらお昼ごはんを探します。もはやハンガーノック直前です。
20140624_0231.jpg
すると以前調べていた時に見た事のある「およべ」といううどん屋さんが!
お洒落で上品なうどん屋さんで美味しく美味しく堪能させていただきました。胃袋も大喜び!
この辺りの公園で濡れたタオルこさえて身体拭いて小ざっぱり!着替えもして爽やかな感じで会場いり!
20140624_0232.jpg
もちろんホテルの中まで自転車は持ち込みます!
シマノの情報は契約上まだ書くことが許されておりません。今しばらくおまちください。
ここでは真面目にお仕事をして、次回仕入れる製品をチェックしたりします。
20140625_0247.jpg
その間、携帯とライトを充電します。この手のポータブル充電器は重宝しますね。ライトの充電ができることがこれほどまで安心に繋がるとは、この時夢にも思ってませんでした。

セミナーも終わり、帰るのですが、時間はすでに15:30。このまま輪行で帰っても閉店時間くらいで帰還。
それならまた宇多津から自走か?いやいやあんな狭い道を夜に走るなんて嫌だ。
え?しまなみ経由で自走??FBに書き込まれたコメントを見て…「160キロくらいかなぁ?平坦やろうし楽勝やな!」とか思って簡単に自走帰還を決意。だいたい160キロくらいやろ?とか勘違いしてる時点アウトwww
適当に携帯で地図みてからスタート。
ルートなどはこちらのSTRAVAデータ見てくれたらわかります。
STRAVA
とりあえず笹岡市?とか目指せばいいんでしょー?kyらいな乗りでスタート。
最初は良かった。都会特有の道路の広さ、交通量は多いがなんの問題もない。土地勘もないのでメインルートを使う。が、しばらく行くとギュンと道が狭くなる!え!?動脈的な横線やのにそれはないやろ!的な。しかも交通量が多いしなんといっても市街地やのにトラックまでも多いのが怖いし走りにくいし、信号も多く抜いたり抜かれたり抜きにくかったり曲がってくる車も多く危険だらけ。
20140624_0233.jpg
終始こんな感じ。ここはまだ歩道が広く、逃げ道もあるが大概は更に狭い。よってスピードなんて出せない。それに既に足パンだし。
とかしてたら気が付いたときには道の種類がなんか違う気がする。とふと考えているといきなり横に居た車がGSに入ろうとウィンカーも出さずに曲がってきた!!ギリギリで歩道によけつつカワス。。。なんやねん!ありえへんわ!と文句も言うがそんなモメてる時間もないし、そのまま走る。
「はっ!?」
と思った時にはなんか意味わかんないんですけどバイパス?的なものを走行していた。でも自転車や歩行者禁止みたいな表示はないんですけどね、道の雰囲気としては食場バイパスへ11号線から抜ける新しくできた陸橋の幅でそれがひたすら続く。しかも左橋には段差の激しい側溝ががが。乗用車はなんとか抜いてくれるけどウザそう。ってゆーか大型トラックの走る頻度がはんぱなく…後ろがらの圧迫も激しくorz抜かれるときは吸い込まれそうになるし左いっぱいに寄らんと無理やし!
ときおり必死でトラックペーサーしようとするがペースが鬼速く。。。死ねたwww
でもここしか道ないし…バイパスの降り口みたいなんがあって毎回?降りてみるがいったいどこなのかもよく分からんし、そこからどこに行けばいいのかもわからないので…またバイパスという名の死地へ向かう。ここまでの間…いままで走ったどの道よりも苦痛で辛く怖く楽しくない世界。
僕達が住む愛媛県というのはなんてハッピーで幸せなんだろうと思いました。愛媛のみなさん。愛媛の道は他県からすると羨ましくて誰にでも自慢できる走りやすい道です。それに感謝しながら走りましょう。

何度も地図をみて…やっと!松永という地区に繋がる普通の道を発見してそちらへ移動。もう嬉しくてたまりませんでした。だって進行方向には尾道まであと何キロみたいな表示がされはじめたのですから!!
ここまでの道では何度も何度もコンビニに立ち寄ってます。
20140625_0246.jpg
もうアクエリアスの消費量が異常。ウィダーやおにぎりもよく買いましたが、シュークリームは接種カロリーも高いのでよく食べました。袋の中の錠剤は…「ロキソニン」w非常用に携帯しているのですが…この後二錠接種することに(笑)
そして尾道市へ何度も何度も「尾道ラーメン」の看板を通過しますが立ち止まる暇なんてありません!
20140624_0235.jpg
尾道港ってどこやねん!?どこやどこや!?と走っているとありました!!キョロキョロしてなかったら絶対スルーしたたと思います。
もっと写真とかも撮りたかったがwww
20140624_0236.jpg
向島へは渡船で渡ります。110円。
実はこれも初めての経験。せっかくの初体験がドタバタの飛び乗り的な(笑)
20140624_0237.jpg
すんげー綺麗。待ってろよ尾道。いつか…いつかゆっくりしに来るからね!
20140624_0243.jpg
FBで僕の投稿を知っている人は見たね。
この時点で19時走行距離は100キロ。この頃きがついたんですよ。岡山ー松山は160どころか200lキロを越える…と。
そしてサラ脚ならまだしもすでに200キロをはしってきたこの体では24時までには帰りつけないことにも気が付きました。
そしてFBのコメントが驚きと応援で嬉しいことに!
「やっぱりやったか」的な僕の性質をよく知っている人や
「回収は?尾道で一泊したら」などと僕が考えもしない優しい声をかてくれる人
「すごい!、応援してます!」という純粋にこの発想に驚き応援してくれるかた。
「なんしよん?」という痛烈なコメントを残した我が妻。そしてそのコメントに驚きを隠せない皆様www
まぁこのコメントの嵐で僕のテンションはガチ上がりですし、もはや何を目的に走ってるのかよくわからないけど完走してやるぜー!!みたいな変な感じww
20140624_0240.jpg
向島にて、ビューティフル!!この景色サイコー!だし道もサイコ!この旅で一番楽しいライドはやはり「しまなみ海道」でした。流石ですよしまなみ海道!!
20140624_0241.jpg
こんな美しい夕日が見れるのもこのライドがあったから。
立ち止まることは一切しませんが、大声だしてさいこーや!「しゃすっ!」て言うて気合入れてみる。この旅一回目のシャス。
20140624_0239.jpg
気合とは裏腹に僕の体が悲鳴を上げ始める。DHポジションを多用しているせいか、今までと違う筋肉を使い過ぎて大臀筋がピリピリと痛む。というよりも更に奥の関節炎か!?それに首も痛い。DHポジションに慣れてないせいで肩も辛い。
ここで上記のロキソニン投入!!今治までは75キロもあります。ナヨナヨしてる場合じゃねーんだよ!
レーパンはSUGOIのRSジャージを使用しています。やはりこのパッドは最高だ。こんだけ乗っても大丈夫ってSUGOIよね!!更に驚くのは今回初めて使用しているシテロの座りやすさ!自分の位置に調整さえできていれば最高だ!!
20140624_0242.jpg
あ…暗くなったwww
さすがにビックリするほど暗かった。でも今回はライトを持参していたし、充電器もあるので安心。
20140625_0245.jpg
今回はCATEYEのHL-EL460RCを使用。むっちゃくちゃ頼りがいのあるライトでした!!暗闇で使ってると虫が寄ってくるほどに!!
暗闇の中ただひたすら走る。とても走りやすい道で波の音、風の音、虫の声、光がユラユラと揺れる海、空を見上げると満天に輝く星空…全てが美しく、疲れを忘れさせてくれました。
20140624_0244.jpg
そして21:30にッ伯方島で夕食。
いいタイミングでの接種だった。エネルギーが体に沁み渡る!!
イイ勢いでしなみ海道を走破!!さぁここからは悩みどころ。松山まではどのルートで帰るのか?海岸か?山か?
もう平坦系は飽きたというのが正直なところ。しかし山はライトの電池問題と疲労。
しかし…やっぱここに来てからの山岳アタックでフィニッシュとか…頭おかしいやろ!って思うんで水ヶ峠越えに決定!!
今治の道を走りながらこの日二回目の
「しゃすっ!!」
まぁまぁしんどかったし怖かったけど…意外と楽に…
20140625_0248.jpg
走破!!
達成感を得ながらガンガン下る。ライトの電池も十分で光量マックスでめっちゃ楽しい!!
そして1時過ぎ走行距離204キロでゴーーーーーーーール。
流石に眠い!疲れに疲れお風呂で寝落ちするほどにwww

いや、思いつきでライドするには過酷な距離でした。この日のトータルは350キロ。
ルート的には香川や岡山、広島が非常に走り辛く、愛媛の偉大さが身に染みてわかりました。
愛媛サイコーなんです!皆さん>僕達すんごいナイスな土地に住んでるんですよー☆

とてもとても長い冒険記をお読みいただきありがとうございますwww
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ryokely.blog60.fc2.com/tb.php/3541-db58c6ef