さてさて名古屋からタイピングだぎゃ!
IMG_6115.jpg
MAVICでは2014年FALL/WINNTERのシューズ、ペダル、ヘルメット、アパレルの展示が行われており各製品を勉強したり試着したりして製品知識を高めます。そしてドレを買うかも考えます!!
まんずはシューズの試着。
IMG_6113.jpg
MAVICは2014年からノーマルフィット、マキシフィット(ワイド)の二種類をライイナップします。
カカトの部分は基本一緒で足前方部の幅が変わります。
足のサイズを測定器で測っていただきながら試着します。
IMG_6189.jpg
ノーマルフィットは正直そんな「細いっ!」て感じでもないんです。SHIMANOのノーマルよりちょい広でスペシャのコンプとかよりちょい細。S-WORKSよりちょい…広?くらいです。
ただマキシフィットはスペシャよりも広く、シマノのワイドよりは細いです。
かなりの範囲でマキシフィットが好まれるかもしれません。
どっちかな~って迷う感じの人はスタイルで決めれば良いかな?レースでがっつり使用ならノーマル。ロングや普段使いならマキシってなぐあい。
IMG_6157.jpg
黄色い靴…カッコヨロシイな…UCYにも特設ラック作って展示しようかしらん♪
IMG_6114.jpg
僕的に【クロスマックス】大ヒット!!!!
履き心地よろし!!幅はワンサイズだけど細すぎず広すぎず。スペシャやシマノと同じサイズ感でいけます。ホールドもよし。靴底もラバーがしっかりしていてクリート外しててもペダルをしっかり踏めます。
そして…歩きやすい!!ってゆーか走れる!!ってくらいに。こりゃーエエよ。
トレイルライドが中心ならコレは有力候補やなぁ☆
IMG_6158.jpg
TIME×MAVICで販売を開始しているペダルもローラーに設置してありそのまま試せました。
正直なところMAVIC(TIME)のMTBペダルは使用した事はありません。食わず嫌いでちゃんと勉強もしてませんでしたが…本日!目から鱗がいっぱい落ちちゃいました(笑)
ペダルキャッチが軽くてパチッとはまるのですが、クリートを外すまでめちゃ粘ります!!オンかオフかはっきりさせたい人はSHIMANOでしょうが、テクニカルセクションやジャンプで外れて欲しくない人に最高のペダルかと!!
踏み応えもなかなか良くてくっついてる感じはシマノとエッグビーターの合い中くらいですね。
泥詰まりにはめちゃくちゃ強いそうな!雪でも簡単にはまりますよ!!
って小笠原選手(オガさん)が言ってました。
その代わりクリートが真鍮製なのでよく減りますからハードに使う人はコマ目にチェックして!とも言うておられました。
信頼できる人が言うと納得だね!!
IMG_6181.jpg
ロードのアイクリックもやっぱエエね。これはTIME製でも在庫しておりましたからわかりますけど、こちらもはまりやすくしっかりと粘るけど最後はパンっとちゃんと外れる。なんだか引き際をわかってる~的なやつです。
アルテより安いモデルでもアルテより断然軽いという事実にも驚き!
むーどれだけ仕入れるか。。。。
IMG_6211.jpg
アパレルもたくさんありましたがちょっと時間が足りないね。
こちらは見ていただく方がよく分かると思いますので、また入荷したらご案内します。
IMG_6160.jpg
テクニカルセミナーもあったんですが。。。ことごとく画像がピンボケてた!!リアル眼で見すぎたなww
R-SYSなどに使われているカーボンスポークは驚くほど強いんだという事はよーく分かりました。ハンマーで打ち込んだら木に刺さりました(驚)ふつー粉砕すると思うよね。
引っ張られるのにも強いし押し返すのも強い。だからリムがウニョウニョならんくて入力した力に比例した反力でびゅんびゅん走るんだね。
IMG_6166.jpg
そして曲げる方向にも強い事も知りました。ステンレスやアルミのスポークならくの字以上に曲がる力をかけないとこのカーボンスポークは折れませんでした。カーボンだからすぐ折れる!と思いがちだけど様は作り方なんですねっ♪
ちなみにフロントようスポークには万が一ホイールに何かが挟まって全て折れてしまっても形状維持ができるようにケブラー繊維が仕込まれているのでした~☆

とこんな感じのMAVICだぎゃ!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ryokely.blog60.fc2.com/tb.php/3419-e1f07f16