早朝からバスに乗って大阪へカーボンフレームの内部損傷について勉強してきました!
IMG_20130515_181839.jpg
炭素繊維強化プラスチックの基礎を…という流れで東京から来た教授が説明してくれるんですけど説明が早く聞く側必死(笑)
改めてカーボンってなんだよ?
という事を再度認識してから損傷や調査について勉強。新品状態でのペダル荷重による疲労試験、水平方向による疲労試験などの推移や結果、衝撃を与えてからの同検査どのような場所に負荷がかかり破損するのか、どの程度耐久するのかを知りました。
カーボン素材を使用した自転車を販売、修理する我々自転車屋はもっと素材について勉強しないといけないなと感じた座学三時間でした。
IMG_20130515_181822.jpg
試験場の中も見学させて頂きました!!
撮影が許されたのはここからの一枚のみ!
ただ…めっちゃたくさんの試験が行われていました。
左右ペダルに1100Nの荷重を10万サイクル行ったり、
水平方向による疲労試験を10万サイクル行ったり、
フォーク単体での検査
ハンドルステムのねじれ検査
ペダルに重りをかけて軸を回転させる検査
サスペンションフォークが装備された車両で上下方向に伸縮させる連続試験、この日は某社の事故があった車両を想定して内部シャフトを止まっていない状態で検査していました。
フレームを前後荷重をかける検査、この日は2003年?T社のカーボンバイクが検査されていました。
どの試験を見ても思いましたが…こんなにしなってウネっても大丈夫なんだ(・д・)と驚かされました。

携帯の電池が切れそうなので更新を終わりますがとても有意義な1日でした!

それではバスにて松山に帰ります♪
ちなみにここ、自転車産業振興協会ではスポーツサイクルだけでなく、一般自転車、車イスなどの検査も行っております。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ryokely.blog60.fc2.com/tb.php/3162-1290ef11