FC2ブログ
MTB
うむ。Y-CUPが終わり。通常業務+シゲクロの最終追い込み。
もはや眠る時間はどこにあるのか?というか効率よく回復るにはどうすれば?という状況。
その間にも溜まりゆくデカメの作業。オーバーホール系で時間ぜんぜん気にしないよという人のは年明けからにすると心に決め比較的短時間で完遂できる作業とシゲクロ準備に特化。
80193511_2731540670293799_7912183714694561792_o.jpg
お任せ依頼してもらってたBTL BIKES 702が完成。

シングルスピードで基礎練や遊び練がしやすい仕様にしました。

79093224_2731541016960431_4395161611636047872_o.jpg
旧型のクランクにシングルスピードリングにガードBLACK SPIREってのがまた良い。チェーンはそのへんにあったKMCの何速用か知らんけどほぼ新品みたいなやつ。ギア比は重すぎず、軽すぎず、ガチガチのストリートにするとパワーいるんでNG、トラ車くらいにすると軽すぎてMTBレースには活かせないのでNGってとこで何個かリアコグ換えたりして試してこのBTLと依頼者を考えて丁度いい塩梅にしておきました。この辺りはずっと乗り続けている感覚だけが頼りかな?乗りもしてねぇ自転車扱いきれてもねぇクセにわかった風な事を言うなんちゃってメカとはその辺が違う。 これって僕の強みよね。他とは絶対に違うところはここだ。泥臭くていいし、手間かかりまくってもいい。相手にも自分にも納得できることをしたい。そのために僕は勉強するし、お客さんの整備で勉強もさせてもらう。わからないことはあって当然だから教えも乞うしね。

79419680_2731540816960451_7615164873382559744_o.jpg
危ねぇ。脱線するところだった。リアホイールには大事にしまってたMAVIC EX729DISC上玉中古を使用。かっくいいぜ!

79457833_2731541280293738_8893106313265938432_o.jpg
マーティン様のシグネイチャーサドル!!めっちゃめちゃかっちょいいけんマジデ!!

75242083_2731541166960416_4639822804450017280_o.jpg
このODIのグリップが極上に握り心地よくて良いんです!!

80476541_2726905644090635_6999240475504803840_o - コピー
そんでもって週末のシゲクロにエントリーしてくれてる末光さんが、マウンテンバイクを僕から買ってくれた!!これってめちゃくちゃ重要なことでして、彼女に選んでもらえたっていうのはすごく認められた感があり、僕はとても嬉しかった。だからこそってわけじゃないけどね、いつも通り僕クウォリティで一台組み上げました。ありがとう。
納品時には今は大三島でフレームビルドしていらっしゃるヒコさん(ウメザワフレーム)も一緒に来店してくれました。(嬉)トラックなどのフレーム制作する際ご紹介もできますので興味のある方はご相談ください。 ヒコさんとは道後でウメザワやってた時もお世話になりましたが、またご一緒できてうれしいでし♪

79920008_2727530810694785_1207744056310890496_o - コピー
で、まぁ通常業務作業はこの他いろいろやってるんだけども、シゲクロのこと考えつつ1月にやる店のライドイベントの企画もHPアップ。もーなんのこと考えてるのかわからんくらいに同時進行事が多発。

1月5日 毎年恒例の初乗り!足湯女子サイクリングやりますよ。12・31時点でもう12名もの申し込みが入ってます♪同じ趣味を持つ女性同士で楽しんでみてはどうですか?
http://jyosidakecycling.bbs.fc2.com/

1月12日(雨天26日) 年始サイクリングinしまなみ やります。ショート、ミドル、ロングの3コース設定。詳細、申し込みは下記HPで。ちなーみに僕はミドルコースをいつも通りな感じにやってまーす。
http://www.uenocycles.com/2020cycling1sthtml.html

そんなこんなでドタバタでさ。12月20日の業務を終え、シゲクロの前日準備のための準備や当日のシュミレーションや確認しなくちゃいけないことのリストアップとかしてシゲクロ前日と日付かわった1時頃帰宅するわけですよ。もう何食ったかは覚えてねぇんですけどとにかくモリモリ食って風呂入って、さぁ寝ようかというタイミングで怜子さんあかrオリンピックの何か届いてるよ。と教えられる。
80108684_2734576503323549_6819133641877094400_o.jpg
東京オリンピックの聖火ランナーに選ばれたという正式な通知と通知書&ショーケースなどが送られてきました。事前に当選したのは分かってたんですけど、ここまで凄い対応されるものなんだなと。そこで初めてリアルに感じたというか、実際に僕が選んでもらえたんだなっていう実感を感じました。東京オリンピックの観戦に申し込みするもことごとく落選。まぁ当たったところで愛媛から家族三人で観に行くのも大変そうだし、まぁええかと思っていましたが、ふとしたタイミングで地方を走る聖火ランナー募集をみて、今まで地域のためにやってきたことや、これから地域のために自分のやりたい事を表現することが応募の内容になっていた市町村とトヨタの応募に申し込みをしました。400字程度にまとめないといけないんですが、僕の想いって原稿用紙5枚じゃ書ききれないんですけど?と思いつつなんとか書いて提出。ほんと単純に自分がどんなやつで、今までf¥どんなことをして、これからどんなことをしたいか?っていうのを書きました。数か月しいて忘れたころに第一次審査通過の連絡が。そして通知書の二週間前くらいだったか?メールであなたに決定しました!!的なのが届く。ただ、この記念品みたいなのが届くまでは本当に実感がなかった。しかし、すごいタイミングできたな。シゲクロ準備と仕事の疲れで参ってしまいそうなタイミングでの着弾。めっちゃモチベ^ションあがるやん。
そしてFBにアップしてこれは本当にすごいことなんだなと更に実感。なんといいね!が460近くはいっているのだ。普段の二倍以上ですよ。それだけ多くの方にとって関心があり、リアクションしてくれることなんだなと。本当に選んでもらえて感謝しています。
聖火ランナーに選ばれただけで折れそうだった心がリフレッシュしました!効果絶大ありがとう!!
スポンサーサイト



MTB
気が付いたら12月31日。あと6時間ほどで2019年が終わり2020年になるというのに僕は一年を振り返るどころか12月15日を振り返りBLOGを書こうというのだ。どーかしてるぜ。
しかも一か月前に買ったばかりのノートPCでだ。タイピングの感覚が全然違うくてさっきからミスってばかり。セットアップにも時間かかっちゃたし、まぁええか。今は冬休みだ。時間ならある。。。(言いたかった!)年末のテレビ番組も興味あるのはRIZINくらいだし、あれは録画してるのでSNSネタバレしないうちに観ないとね。インスタは危ない。
79250313_2720446561403210_9134606951315931136_o.jpg
やっとコースイン。昨年からはじまった毎月第三日曜日に開催するY-CUP
八幡浜市民スポーツパークのMTBコースに9時くらいから集まって設定したコースをレース形式で楽しもう!というもの。タイムを測ったり着順を競うわけではない。この日に来れば誰かがそこに居てボッチライドじゃなくて同じMTBを趣味に持つナイスフレンドと八幡浜MTBを一緒に楽しめる環境があると良いなと思ったから提案した。言い出しっぺは確かに僕だ。けど、僕が居なくても成り立つ環境にしたいと思っている。
さて、12月は忘年Y-CUPということでライド後はみんなが持ち寄るBBQもあります。まとめるのって超大変なので各々持ち寄り制自由参加自由解散です。

79958098_2625618624222474_8631236977498259456_o.jpg
この日はとにかくキッズの参加率がめちゃくちゃ高かった1年半続けてきて一番多かった。僕らの息子世代が今、5・6年生になっている。彼らが中学生になると部活などで参加できなくなる子も居るだろう。そうなる前に新しい世代をできれば八幡浜市民で増やしたいと思っていた。八幡浜市民によるMTBコース活用を増やしたい。これは10年以上前から僕が思い活動していることだ。全然旨くいかない。。。けど最近少しずつ成果は見えてきた。今回がめちゃすごいY-CUPに5名以上の八幡浜キッズが参加しているんだから。
79327335_2625619317555738_1827661773046546432_o.jpg
最初のつちのこコース。走り方がみんなたくましくなってきた。

80010583_2625613990889604_5442852332976996352_o.jpg
今年YMTBに加入して頑張ってる平川クン。メキメキ上達していて、これからが本当に楽しみな少年です。とても真面目でコツコツチャレンジしていて負けず嫌いです。応援してるぞ!

FB_IMG_1576419693770.jpg
この日、ニューバイクを投入した八幡浜キッズも元気よく走ってくれていました。これからの成長に期待しています♪

FB_IMG_1576410630007.jpg
こちらも新品ホヤホヤデビューライド。MTBそこそこ走れると自覚しているライダーなら俺と同じこと感じてると思う。
この子もしかしたら大物になるかもよ?だ。まじこの踏み方と体幹(自然とやってる)ヤバイと思う。ほんと定期的に指導したいくらいやわ。この前のシゲクロも走ってくれたけどね。良い走りしてたよ。

78331424_2625621190888884_156594503317192704_o.jpg
その後は北コース使うやつね。チェーン切っちゃう豪脚がいたりしてわちゃわちゃ。

79790903_2722582351189631_3635666189448904704_n.jpg
各々真剣に、楽しみつつ同じ趣味を持つナイスフレンズと走るわけです。

ステキじゃないですか。

79859469_2625625644221772_7432120990793990144_o.jpg
こんなワイワイやる中に世界で戦う日本代表の村上功太郎も一緒に走ってるっていうんだから。。。

愛媛ってステキ。

79350047_2722582377856295_6847494041077022720_n.jpg
ほんでタイスケ通りに終ったらこれまた昨年から活動が始まった【愛媛MTB】のマークー代表による愛媛MTBの説明会が行われました。
めちゃ真面目でシャイな代表。せっかく作ってきた説明原稿をうまく読めず想い伝わらず(笑)
急遽、端折りつつも僕が補足説明させていただきました。
愛媛MTBは既にどこかのチーム、ショップに属していたり、お一人様だったりとか関係なく加入できるMTBを楽しむ共有グループです。元々は八幡浜で毎年5月に開催される八幡浜国際MTB大会に参加するための選手登録&チーム登録をするためにメンバーを募ったのがきっかけでした、そこから練習や大会、飲み会や休日ライド、LINEでのやりとりを行う中でどんどんと流れは大きくなり、愛媛のMTBライダーが繋がれる場へと進化してきていると思います。私はそのまとめ役をしてくれているマークーキャプテンをリスペクトしているので自分の経験を元にサポートさせていただことうと考えています。あくまでサポート。前面にでるのではなくて黒子が良い。黒子の方が良いんです。気も楽だし♪

みんな、5月の八幡浜国際、また盛り上がろうね!!そのためにもこれからワイワイ怪我せず体つくりだ!!

怪我せずトレーニングするための体つくりメニューみたいなんを愛媛MTB用に考えてみたいなぁ。体幹的なね。乗車せずにやるインドアトレーニングね。三思師匠に相談してみよ♪

79388076_2722582521189614_8162054372126097408_n.jpg
からのBBQパーリー!!!!

79693844_2722582481189618_4116784096619790336_n.jpg
まさかの刺身までその場で!!ここはホテルのビュッフェ会場か!?

79596410_2722582767856256_2168906352166961152_n.jpg
女将、全日本マスターチャンプ、愛媛MTB代表、ノマレポに睨まれながら肉を焼く…新人多田。たぶんこの新人ってのはいつまでもとれないんだと思う。

79182207_2722582811189585_7485328458701078528_n.jpg
こうやって家族参加できるのも良いよね。うちの子は放置してるんで知らん。どっかのテーブルで誰かの皿と箸で誰かの肉も食って腹いっぱいになったら山の中で探検ごっことかして遊んでるんだと思う。こういう山遊びって超絶大切だと思うからバリバリやって欲しいのよね。本人なりに思い出になるっしょ。

80010951_2722582707856262_7673846839749115904_n.jpg
とにかく食って騒いで賑やかな一日でした。

79119924_2625627687554901_3283295939929833472_o.jpg
火の始末して会場撤収後に記念撮影。この日は何人くらい来てたのかな~?合計70名くらいはいったような。

鮫さんが撮ってくれたこの写真、下半分のところにちゃんとタイムスケジュールとか書き込めるスペースがある。ありがたい。これはまたスケジュール書いてアップせねば。

さて、2020年のY-CUPは1月19日です!!
2019年12月7・8日
愛媛県 内子。
我々が慣れ親しんだこの地で【シクロクロス全日本選手権】が開催されました。

愛媛で全日本シクロが開催されると知った時「まじで!?」、「大丈夫なん!?」と感じた人はめちゃくちゃ多いだろう。僕もその1人だ。不安しかなかった。今までずっと本州でやってきた全日本が突然の四国開催。ほんとに全日本なんてやれるんだろうか?

しかし、蓋を開けてみると世界に通ずるレベルと称されるほどのコースに仕上がっており、全国から集まる選手達からも評判は上々。

今回の全日本では土曜日にマスターズクラスのレースが開催されて、日曜日はU15・U17・U23・エリートクラスのレースが開催される。(年齢でカテゴリーがわかれてる)

地元開催ということもあり、両日共に愛媛MTBをはじめとする愛媛ライダーが多くエントリーしてくれていました。大きな大会に地元の選手が出場するってのはとても良いもんです。やはり盛り上がりますよね!!盛り上がればこの先もビッグウェーブが起こる可能性はより高まりますよね!!

地元とはいえこの二日間は【全日本】なんです。こういった場に慣れてないライダーにとって何も判らない状態で参戦するのって凄い緊張するんですよね。周りにはゴリゴリマッチョな速そうな人ばっかりウロウロしてる(ように見える)ので地元なのにアウェイ感。

私はこの土日、愛媛MTBを軸にしたチームテントをテントエリアに構えることにしました。ここに来れば愛媛の誰かは確実に居る、トラブってもここに来れば直る、試走後はここでメンテをして万全の状態にできる、荷物をもってくればここでアップできる、応援部隊もここでわちゃわちゃできる。仲間同士が集える場になれば良いなと思ったりするわけです。

本当は自分もマスターズクラスにエントリーしたかったんですけどね、ここのところ練習できるような状況でもないし、色々申込みもしにくい状況だったので、サポートに専念することに。結果としてサポートに専念しておいて本当に良かったと思えるくらいバタバタした。

AM6:00に現地入り。事前名指し呼び出ししていた鮫さん&東洋フレームのスタッフさんと一緒にテントエリアの場所を確保&設営。クッソ寒いし暗いし。出場するメンバーが来る頃にはテントエリアが仕上がった状態にすることができました。

79509415_2702649089849624_1660197106935136256_o.jpg
そう、八幡浜MTB国際に続いて、全日本シクロクロスでも東洋フレーム様と隣のテントを設営させていただきました!!
もちろん!あの竹之内悠選手もとなりのブースでアップしたりしちゃうんです。なんという誉!

79638837_2606688529448817_5110210921242820608_o.jpg
AM7:00頃になり、試走前に愛媛の選手達がやってきます。ここから僕は愛媛MTBのメカニックとして集中。ミスなく早く。なんと寒くて着込んでいる&長靴がいい仕事をして写真がかなり現場メカニックぽい☆

78279154_2702648976516302_1126479066002620416_n.jpg
試走時間がはじまり、数周して戻ってくる人もチラホラ。転倒してトラブルもボチボチ。さゆりさんのバイクに至っては転倒して左レバーに石と土が咬み込んで操作不能に。焦らず確実に石を取り除き土砂を除去し復旧。再度試走に行ってもらう事ができました。安堵。

78998455_2702649599849573_8986672893068836864_o.jpg
試走時間がおわり、テントは賑わいます。次のレースに備えローラーで足を回す。その周りに仲間が集うので不安もない。これはメカしながら見た写真。ええかんじやな~とね。

78345392_2702649843182882_6034737481071460352_o.jpg
マジで良い感じすぎる!!このアップしている時間と同じ頃。

79121374_1292133370995376_935984510372151296_o.jpg
Photo By 原貴志
コース内では既に第一レースが!!
シングルスピードクラスというネジ飛んでるカテゴリー。ギア一枚しかついてないんだぜ?それでガンガンレースしちゃうってゆークラス。吉元さん&牧野さん。二人ともバチバチやったことのあるレース仲間です☆

78482282_1292132067662173_5799248603234959360_o.jpg
Photo By 原貴志
ちなみにこのフレーム、 Pep cycles という日本発のブランドなんです。
とてもシンプルな作りでシングルスピードにも多段式にもできてしまいます。なんなら両立スタンドやキャリア、カゴもつけれるらしいので超特急な通学自転車にもなりそうです。この辺りの選択肢の多さについてはPep Cyclesのホームージみてもらえるといいですよ。たぶん欲しくなっちゃうかも。ってゆーか俺が欲しい。だって、めちゃくちゃ乗りやすかったんだもの!なんというか操作性に優れていて遊ばせやすいんですよ。とはいってもクイック過ぎるわけでもないですしね。とにかく乗った感じとてもシックリきました。
しかもこのフレームフォークセットの価格が¥75,000+消費税だなんていうから驚き!安くない!? ちょっと欲しくなった人いたら相談してよ。ご一緒しちゃうかもww

79681932_1292165470992166_6132992193771601920_o.jpg
Photo By 原貴志
そんなこんなしてたら、女子マスターズと男子マスターズ50代、60代のレースがスタート。
この道路を封鎖してのレース。ほんと全日本だけの特別ステージですね!!

80107353_2612267035557633_7074147088853893120_o.jpg
Photo By 鮫さん
まっさんの力走!!このキャンバーが難敵でした!!

女子マスターズにはハピガルから3名メンバーが出場。ミユキ、サユリ、クマユカ。
79107468_1292164097658970_97351781725503488_o.jpg
Photo By 原貴志
レース序盤から丁寧に確実に立ち上がりで強く走ったさゆりさんの強さが光りました。

78605820_1292164784325568_6507476568472813568_o.jpg
Photo By 原貴志
苦手ポイントでのミスが多発して出遅れるも確実に後半アゲテきた。後半になるにつれミスも少なくなりトップとのタイム差を詰めながらの走りは流石でしたね♪

78717348_1292160124326034_1386813663926550528_o.jpg
Photo By 原貴志
体痛めてしばらく自転車乗れてなかったクマユカ。よく頑張ったと思います。これから怪我せぬようボチボチあげてえこーぜ。

79839582_1292166497658730_6030306479276294144_o.jpg
Photo By 原貴志
優勝 サユリさん
準優勝 ミユキさん
二人ともおめでとう!!!!
この日のレースの模様がシクロワイアードにも掲載されており、ハピガルめっちゃ写ってます!!

79355169_2608600986053145_5700962240920813568_n.jpg
こうやって女性サイクリストが集えるって本当に嬉しいよね。彼女たちにとって生活の一部となり生きる楽しさの一つとして自転車があるという事が僕にとっては嬉しいかな。女性一人で乗ってても長続きしないってところから女子サイクリンング企画をはじめてきて今に至るので、いろいろジーンときちゃいます。

78636171_2703183056462894_869297966211399680_o.jpg
この日は東洋フレームさんが走り終わったバイクを洗車してくれました!! なんていうサービス!!ありがたや!!

78629461_2703182906462909_5464293372359344128_o.jpg
2019シクロクロス全日本選手権 女子マスターズ チャンピオンと♪

78335889_1292216627653717_2157493550319665152_o.jpg
Photo By 原貴志
なんやかんやしてたら男子マスターズ 35-39/40-49のスタート時間に。
このクラス、スタートから先頭で仕掛けていったのは僕と同年代の選手。流石のぶっこみでした。僕もああいう熱い走りができる体に戻さなくちゃ。

78572582_2608601326053111_5646236334570864640_n.jpg
テントでメカしてレーススタートする頃にはピットでサポート。匠と連携して良いサポートできたと思います☆
マスターズはあまりにもメンバー多いんでちょっとだけ掲載。

78801330_2612384172212586_5385253316844322816_o.jpg
Photo By 鮫さん
流石だったのはマークーのぶっこみ!大集団の全日本という舞台で物怖じせず突っ込んだ走りで上位で1周目を走る。ちなみに後に見えるのはこのレースで2位になった萬谷さんだ。この後2周目途中で大ダレするんだけど、いいよ!!やっぱそういうのが周りを惹きつけるんだよ。

78674959_2612390285545308_5013412687787327488_o.jpg
Photo By 鮫さん
本来の実力は発揮しきれなったね~。Limit Vertex / 外環自転車部の泉クン。
めっちゃ応援してますよ~☆

79030499_1292220117653368_6918918561230487552_o.jpg
Photo By 原貴志
コージ背中で語っとるわい

79025242_2612396622211341_4762270689971404800_o.jpg
Photo By 鮫さん
マスターズ40代で優勝したのは筧五郎さん。皆さんご存知のとおり、強烈なスプリント対決を征しての優勝。おめでとうございます!しかし僕が応援していたのは2位となった萬谷さんだ。彼は現在もXCエリートクラスを走りトップと同一周回完走できる男だ。そしてMTB選手だから後について楽したりしねぇ!というシクロクロスには不向きな男気溢れる兄さんなんです。ガンガン前に出て痺れるほどかっこよかったです!

78607985_1292216637653716_8163386340268834816_o.jpg
Photo By 原貴志
ゴールしてこーやってわちゃわちゃできる感じがいいんです。これがいいんです。

土曜日のレーススケジュールが終わり、日曜日のレースに向けた試走時間がはじまります。しばらくは落ち着いた時間もありましたが、、、あるタイミングからメカは戦場に。
79297644_2574041712710607_2482610711927193600_n.jpg
Photo By コージ ニシオカ
村上3兄弟、渡部春雅(駒澤大学高等学校)、平林つーちゃん、大蔵こころ(城南高校)、女子エリなおちゃん、フィジカルモンスター水崎くん、のメカを担当します。
試走前にホイールの交換やセッティイングの確認。
試走後は村上父が洗車してそれをふき上げて抵抗や詰まりの原因になる汚れを除去し、少しでも抵抗を減らし、泥が絡みにくくする対策を行いながら調整を詰めておきます。

アっという間に時は流れ撤収。片付けもたくさんの人に手伝ってもらい助かりました。ありがとう。

一夜明け日曜日。めちゃくちゃ天気よくガンガンに冷え込む早朝の内子。

78419004_2704727379641795_3047407965142253568_o.jpg
静かな朝。朝は寒いけど日中は暖かくなりそうだ。

78466678_2704727676308432_8497705885919870976_o.jpg
内子町 2013年から始まった小田川シクロクロスがまさか全日本を開催するとは誰も想像していませんでしたね。全てはチャンスと挑戦。 挑戦なくして未来なしだ!!

79376252_2704727822975084_334605800926347264_o.jpg
多くの方の心と胃袋を満たしたBUCYO COFFEE 
きしめん食べたかった(泣)

79000709_2851962321563761_7262306479355461632_n.jpg
Photo By TAGASHIRA
試走時間が始まってすぐぐらいからメカは戦場。分単位で動く状況。そういう時に転倒によるトラブルは発生するもので、駒澤大学高等学校から母と二人で会場している渡部春雅ちゃんのメイン機が転倒により変速トラブル。それほどハンガーが曲がっているわけでもないが変速がまともではない。限られた時間の中で最善ではなく、必ず直さなくてはいけない。このプレッシャーの中での集中できてる感じは気持ちが良い。 無事修正することができ僕はU15/U17のピットへ

78928739_1293256254216421_325248892549464064_o.jpg
Photo By 原貴志
12月8日 ファーストレース U15/U17のレースが始まった。

78824624_1293258394216207_192895219010633728_o.jpg
Photo By 原貴志
この日何度かピットでバイク交換を行なったヒカル。なんだかバイクとの感覚がおかしいと感じバイクチェンジをしていたのだが結局はクリートのネジが緩んでいたのが原因だったようだ。過去に僕も経験したし、意外と多いトラブルなんだよね。やはりレース前に締付確認は必須だな。

79350044_1293258050882908_5575916170768285696_o.jpg
Photo By 原貴志
U17で戦った平林つーちゃん
序盤の転倒がひびきましたが、良い経験ができたね。これからよこれから。

78874550_2614512045333132_5109654778812563456_o.jpg
Photo By 鮫さん
熱いバトルを征してU17で優勝したのは城南高校の大蔵こころさん
SPECIALIZED CRUX 良い仕事してくれたね!!

さて、ヒカルのレースが終わってメカはまた大忙し、次は裕二郎のレースにさっき使ったバイクを洗ってホイール換えてセッティング出してレースに間に合わせないと!「あと何分!?え?8分!?」みたいなやりとりしながら慌しくレーススタートを迎えたジュニアクラス。

79025246_1293283680880345_8309310907872182272_o.jpg
Photo By 原貴志
金曜日までロード強化合宿で体ボロボロ。序盤は抑えて走って後半に勝負するレースを予定してた裕二郎。攻めの姿勢で来る松本選手とのバチバチ勝負が観客をヒートアップさせた!地元愛媛の大声援。そうとう力になったと思います!

79449437_1293287754213271_5005849198839463936_o.jpg
Photo By 原貴志
渡部春雅(駒澤大学高等学校)、最初はパックで走っていたが少しずつ後続と差をつくり安定した走りで勝利を確実なものとした。丁寧なコーナーリングそれでいて立ち上がりでしっかりとスピードに乗せることのできる伸のある子でした。

78475016_1061141070944731_6491966595458400256_n.jpg
ラスト2周くらいから勝負は激しさを増し、お互い譲らない戦い。勝負は最後の最後、ゴールスプリントまでもつれ込んだ。最初リードを許すも最後の最後、ポージングをしたのは裕二郎だった。

78279692_1293288364213210_5565495119819309056_o.jpg
Photo By 原貴志
逃げる間もない勢いでハグしたった!!これが数ヶ月前にUCYにインターンシップで来ていた高校生か。
いいぞいいぞ。全日本での勝利は本人が狙っていた世界への挑戦の切符を手にする最大のチャンスだ。功太郎もこのチャンスを掴み成長をしたのだ。裕二郎もまた色んな可能性を秘めている。なんならトラック競技で成績のでていている裕二郎は更なる高みを狙うのか!?とまで思わせてくれる。

78943540_1293284297546950_1348262033182687232_o.jpg
Photo By 原貴志
とにかくおめでとう。
ええもん魅せてもらいましたよ。

78993511_2614518505332486_1008196431174959104_o.jpg
Photo By 鮫さん
渡部春雅(駒澤大学高等学校) は翌日から韓国へ遠征に行くとのことで先に帰りますとレース後挨拶にきてくれました。
しかもメカサポートのお礼にと…ジュニアクラスの優勝メダルを私にプレゼントしてくれました(嬉)
自分が今まで獲ってきた賞は嬉しいし、メダルも保管してるけど…これはまた違った喜びがありますね。しかも全日本だぜ☆

78378517_1009596072725480_8561037686960291840_n.jpg
Photo By 原貴志
裕二郎もとっつかまえて一緒に写真を撮ってもらいました。
ほんとあんな激しいレースするやつとは思えないほどまだまだ可愛らしい顔しとるな~。
とかしてたら日頃の感謝ですとか良いながらチャンピオンジャージと優勝メダルをプレゼントしてくれました(感激)

80002120_2705874109527122_1017174231378558976_o.jpg
本当に受け取って良いのか迷いましたがご家族もぜひと言ってくれましたので、有り難く受け取りUCYの壁に飾っています。
2019シクロクロス全日本選手権ジュニアクラス男女のチャンピオンジャージ&メダルです(誇)

と、裕二郎のレースが終わった後はこんな余裕はなく、写真はあとから撮ったんですがね。だって次は功太郎のレースが控えてますから、2号機を裕二郎が使ってますので再整備をしっかりと行い、準備をしていきます。

78973769_2614620671988936_2071815713042989056_o.jpg
Photo By 鮫さん
シクロクロス全日本選手権大会U23ディフェンディングチャンピオンの功太郎。
ここにきて痛恨のスタートミスで超出遅れ!!これにより先頭はグングン前へ。コーナーの連続、キャンバーなど抜きどころが少なく平坦はパワー重視なコースという事で功太郎もなかなk前出れない。テクニカルなポイントでは前が詰まって更に先頭との差が開くという超悪循環。

77386101_1293324657542914_5458413497706610688_o.jpg
Photo By 原貴志
ピットでは接触によるトラブルが無いことをだけを祈りながら待機。もうそれ以外は本人の勝負だからね。

78838558_1293326794209367_30737015058202624_o.jpg
Photo By 原貴志
かなり埋もれた状態から前へ抜け出す。かなり足を使ってしまい苦しそうな走りだった。それでも折れず前へ前へ。きっちり二位という位置まで戻ってくるのは流石だなと。

78711073_1293326677542712_8983033333487239168_o.jpg
Photo By 原貴志
強さを見せたのは弱虫ペダルの織田選手だった。ほんと大当たりの日だ。超強い!!!!

78502590_1293320327543347_8375106306448556032_o.jpg
Photo By 原貴志
ゴールした後。。。やっぱ負けず嫌いやな~と思える会話だった(笑)

78994664_1293324467542933_9109951369430695936_o.jpg
Photo By 原貴志
功太郎、準優勝おめでとう。

シクロクロス全日本選手権 女子エリート
愛媛県から初めての挑戦をするのがナオちゃん。

79160744_2614696518648018_2770932377608781824_o.jpg
Photo By 鮫さん
この挑戦を僕はすごい素敵なことだなと思う。色んな選手が居て、本人が競って感じることもあれば、サポートする周囲がレースを見て感じることもある。それを擦り合わせて次へのステップへとつなげることで大きな成長があるんだと思います。

79024132_1293366960872017_1116812503368597504_o.jpg
Photo By 原貴志
ナオちゃん応援してますよ!!!!

シクロクロス全日本選手権 男子エリート
愛媛県からフィジカルモンスター水崎が出場。

79014436_2614837711967232_4960611888858660864_o.jpg
Photo By 鮫さん
愛媛県の皆さんはエリートクラスのとんでもない走りに大熱狂!!やっぱこのレベルで戦う選手はかっこええよな。

79143542_1294304654111581_5566132591750283264_o.jpg
Photo By 原貴志
その中でも東洋フレーム竹之内悠選手のかっこよさはずば抜けてるわ。走りのスタイルがかっこええ!!
しかも彼のレースレポートでは原さんの写真がかなり使用されている♪

79007002_2614839538633716_3980292870631325696_o.jpg
Photo By 鮫さん
フィジカルモンスター水崎は愛媛の大声援の中で走っていました。僕的にはもっと前で展開してくれるかな~と期待していたんですがね。まぁ乗り慣れた頃には手が付けられないくらい強くなっていることでしょう!!

そんなこんなで僕の2019シクロクロス全日本選手権は終了。

今までとは違う。自分がレースしないレースサポート。色々やれた、細かいところまで見れた。僕もまだまだ走りたいのでレース出るけど、こういった舞台でみんなの役にたつことができて本当によかったなと思う。

mizusakiKIMG1740.jpg
たくさんの人が集う場ができて良い笑顔があった。

次はシゲクロだ。

個人のエントリーで182名ですよ。耐久のみにエントリーしてる人合せたら220名ですよ。のべ人数にしたら320名超ですからね!!とんでもないですよ。これから最終準備計画していくんだけど…ってゆーか今夜してたんだけど、途中で考えがまとまらなくなってたんで途中まで書いてたブログを仕上げました。

さて、今日は土曜日。はりきって?いくぞー!

MTB
どたばたしていて書けてないけど、明日から内子で全日本シクロクロスです。

78357043_2599875480102497_5151643641818644480_n.jpg
既に弱虫ペダルサイクリングチームをはじめとするプロ選手達が現地入りして試走しているそうですよ~♪
明日明後日、お時間ある人は五十崎の内子町役場前の河川敷でやってるので観戦に行ってみてはどうでしょう。

全日本シクロマップ
会場周辺はこんな感じになってます。

僕はスタートエリア近くのチームテントに居ると思います。

https://cycle-shikoku.jp/uchiko-cyclo-cross/
コースマップ等々はこちらをみてね。

時間ないので以上!!

特に日曜日のやつの全日本エリートやU23は観る価値あります!!ぜひとも!!
MTB
先日の試乗会を終え、試乗車たちは一通りの整備点検をし、噴き上げ、返送用のボックスに収納されていく。一台を残して。

2019KIMG1616 (1280x720)
2020 S-WORKS EPICHT29 Ssize
いつも私が走る場所で実際に走らせてきました。

2019KIMG1621 (1280x720)
ステム、ハンドルは私が現在EPICHTに使用しているものをそのまま移植。

普段とまったく同じコックピットでどの様な差を感じるのか?自分の体で体感したかった。

当然感じるのは圧倒的な軽さ。皆さんご存知と思いますが、私はEPICHT29で現在もレース活動をしており自転車屋の中ではたぶん5本の指に入るくらいのEPICHT使いです。

その僕が驚きを感じるほどの漕ぎの軽さ。これはMAVICよりも最新のROVALが軽いというところも影響しているかもしれませんが坂を登るという事にとって重量は大きな影響を与えるポイントです。

悪路を走り細かな九十九折れを上りますがターンをしながらのペダリングでの喰いが良い。旋回性能が高くそのまま踏み出せばグイっと自転車を前に進みださせてくれます。 感覚としては後輪が近い感じ。しかし、チェーンステイの長さは変わりません。
2019KIMG1619 (720x1280)
ヘッド角を少し寝かせ、トップチューブも長く。サドルの取り付け位置も後方になるようにシートチューブが弓なりな形状に。
実際に走らせると従来のEPICHTとはまったくの別物になっています。

ホイールベースは2020の方が長いのに前後運動は軽やかに操作できますし、コーナリングの切れ込みも速い。不思議なものです。

トップが長い分今までのEPICHTに比べハンドルステムを10~20mmほど短くしておけば丁度良くなるでしょうね。

2019KIMG1617 (1280x720)
新型2020ROCKSHOX SID WC BRAIN 最高すぎます。これほどまでにスムースな動きをするBRAINには出会ったことがありませんでした。それでいて、この高い剛性。ストロークしてからが勝負といえるこの性能には感動。

いつもの下りセクションでまったく自転車が暴れない。スピードが出過ぎてしまい次のコーナーに合せるのが大変です♪が、プッシュをかけたり体重の前後移動がしやすくなっているのでドロップオフや斜面に合せるのは非常にやりやすくなっております。

2019KIMG1618 (1280x720)
しかし、キツイ登りをスロースピードで登る場合は後輪のトラクションコントロールに気を使いました。ペダリングの仕方に気をつけないとスリップしやすいかな?この辺りはライダーが乗り込んで「イイトコロ」を体で覚えれば順応できるんじゃないかな?

この2020EPICHTは現在のワールドカップで求められる操作性、走破性、軽量性、速度維持性能、を満たしています。

今のスピード重視のニーズに合ったバイク。

実際にジャンプセクションやフロントから差し込んでのターンは鬼のようにやりやすくなっています=レース中のドロップやジャンプなんかもヒャッハー!!ってなもんです。

全てにおいて前作の斜め上をいってます。

2019KIMG1620 (1280x720)
2020 S-WORKS EPICHT29 Ssize

現在メーカー在庫はありませんが、、、上野サイクルには販売用が一台のみ在庫あります!!!!

夢のマシンを手にしてみませんか!?私に言っていただければ最大限の努力サポートさせていただきますよ☆

こんなガッツリ乗ったら…夢にでそう♪
12月1日

スペシャライズドの試乗会をカメリア内科様の駐車場をお借りして開催しました。

78491897_2583515535071825_3913515286048800768_o.jpg
広い駐車場でどかーんと開催!!

まさかの超天気良い!!!!

77145736_2583515851738460_8057126628867702784_o.jpg
VENGEワールドに引き込まれた方。。。そのままやっちゃいましょう!!!!

多くの方に来場していただき感謝です。ワイワイお話できたのも楽しかったです♪

2019KIMG1597.jpg
S-WORKS EPIC HT こいつぁ最高だね!!

ひとまずハンドル、ステムを自分使用にカスタムしたんで月曜の朝は返却前にひとっぱしりしてきますわ!!!!

2019KIMG1591.jpg
さて、朝一MAVICのキシリウムエリートの調子がおかしいとご来店。

まわしてフムフムなるほどな。とハブをばらしてやっぱりなと。

2019KIMG1592.jpg
なかなかハードな条件化のもとバンバン走る方なのでフリーボディ内のオイルもデロンデロンでこいつが悪さをするわけですわ。

しっかりクリーニングさせてもらって

KIMG1593_01_BURST1001593_COVER.jpg
クリーン☆

これで再組み付けをして快調快調!!

待ち時間にS-WORKS VENGE試乗して心躍らせていただきました☆

自転車でなんかおかしいな?とか思ったらまずは相談やで!